コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

帝王杯 決勝R

カードゲームは話術の絡むゲームでして、
しゃべらないわけにはいかない。
静岡、本厚木と2日間を掛けて、
のどの調子は悪く徐々に声がかすれて行くのでした。

年中咳き込んでいて、本当にスミマセン。

帝王杯 決勝ラウンド開始
トーナメント形式の2本先取マッチ

帝王杯決勝R1
ギャー!全て茨の道。

決勝R 1戦目 関根さん(アメホシグレン)
西日本で最も活動が盛んなBeeのメンバー関根さんとの対戦。
最近は私の方で500㎞超えの遠征を控えているために、
こういった場所でないと対戦機会に恵まれないので
やはり本厚木の非公認大会はありがたかった。
1本目、相手のラショウを中心に早めのビートダウンで攻められる。
ネクサスがフィールドに1枚、トラッシュに1枚の状態で
アポ剣ヒドラ降臨。ヒドラのバトル終了時効果でネクサス1枚を
トラッシュからコア2個載せで配置。
するとフィールドにあった【強襲】で疲労したネクサスが
ラショウLv2効果で消滅。これを繰り返してゲームエンド。
2本目は五聖童子が時間稼ぎをしたのか、
相手はヒドラの連続攻撃に備えるべくスピリット展開。
アメホシコントロール体制が整い始める。
そこにUダゴンを投下したから大惨事。
バトル時効果で10、トリガーで1、ヒットで12の計23枚の
デッキを溶かしてゲームは終焉を迎えました。

2-0でマッチ勝利。

強豪プレーヤーの反応を見るに、
「ヒドラにダゴンは非常識(予想外)」なのかもしれない。


決勝R 準々決勝 柴村Pさん(次代)
バッチル本家の柴村さんとの対決。非公認大会での安定感は関東随一。
バースト(鉄拳明王)は剥がされてしまうし、
アルティメットと比べたら、アポ剣ヒドラのBPは可愛いものです。
闘い方が判らないながらも《海魔巣食う海域》が相手バーストを
封じたり、良いタイミングで《ハイドロ曝龍》が効いたり、
相手のミスも手伝って兎に角ヒドラのゴリ押しが通ったはず。
相手のバーストがムラサメなら負け、それ以外なら勝ち、
みたいな無理矢理【強襲】の盤面もありました。

2-1でマッチ勝利。


決勝R 準決勝 △さん(Uダゴン・キャッスル)
予選に引き続き決勝ラウンドでも対峙することに。
アルティメット・ダ・ゴン》による騙し討ちはもう効かない。
1本は廻りが良くて、こちらからUダゴンで仕掛け始める。
効果破壊した五聖童子により、こちらのライフが減ると
バースト《鉄拳明王》が出てきて【強襲】したりワチャクチャ勝利。
もう1本は《海帝国の秘宝》の配置により、
アポ剣ヒドラの手札封じを封じられてしまう。
ウォール系にしろ烈刀斬にしろヒドラ終了のおしらせである。
少し待ってから《リミテッドバリア》で秘宝をバウンス、
アポ剣ヒドラを降臨させるとゴリ押しが可能に。

2-0でマッチ勝利。


決勝戦と3位決定戦の時間帯は、普段なら観戦か
体力枯渇で寝落ちしているかなのですが、
自ら生き残っている事象に戸惑います。

決勝R 決勝 ゲンキくん(抜刀アルデウス)
最後は予選でも対戦したゲンキくん。
対戦前に「今までタイトルを獲ったことがない」とのこと。
ゲンキくんが勝てば初タイトルホールドな上、
本厚木非公認は「高校生が勝ち切る」ジンクスが踏襲できる。
私が勝てば「変わったデッキが勝ちました」となる。
どっちに転んでも、これはゲルマさんの勝ちなのだ。
「アルデウスVSヒドラ」。 蛇対決です。
1本目はネクサスで守るも紫の手数を押さえきれず敗北。
2本目は時間稼ぎの五聖童子がいなされた直後に
おかわり五聖童子を戦線追加。Uダゴンで締め。
3本目はLv2のWラショウ体制にこちらの動きが鈍化。
ライフ減少後に《鉄拳明王》で維持できるネクサス数も限られる。
相手デッキが19枚以下を確認後にUダゴンを投下。
しかし、トリガーカウンター《ネクロブライト》2枚でUダゴンは消滅。
本当は1枚処理してガードが成立したら、2枚目以降の
トリガーカウンターは使用条件未成立で手札戻りとのこと。
複数使えると覚え間違いしておりました。

いずれにせよ、この瞬間にデッキ破壊を
完遂できなかったので、敗北濃厚。

帝王終盤
敗北寸前の様子。stagさんのところから画像借用。
毎度、お世話になります。

画像を見ますにオレンジのスリーブ使用者が私なのですが、
プレイマットはないしスリーブも安物、盤面も寂しい。
最後はシオン背負ったアルデウス(アニメの組み合わせ)に
3点取られました。

1-2でマッチ敗北。

敗北後に背後で見守ってくれていたSKさんに
「Uダゴンでなく、アポ剣ヒドラの投下が正解では…」と教わる。
どうやら冷静な判断が出来なかったようです。
(常時、冷静ではないのですけどね~)
トラッシュのネクサスが乏しかったので
殴り切れないとしても数ターンゲームを楽しめたかも。

予選と決勝と計5ゲームを私はゲンキくんと闘い、
その短期間で相手のデッキを把握・記憶していない自分と、
その短期間で鉄拳ヒドラとの闘いの間合いをマスターした相手。
底力が結果に現れたと思われます。

結果 : 帝王杯2位

帰る頃には声が「酒焼けしたオカマ声」になっておりました。
スタッフの皆さん、帝王杯ありがとうございました~
帝王杯決勝R2

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

デッキ公開予定ありますか?
気になりまふ

No title

>デッキさん
当ブログのリンク先の「ゲルマのカレー&バトスピブログ」で
公開予定です。
間もなく烈火伝第3章の発売により新環境になりますが、
何かの参考になれば幸いです。

おめでとうございます‼︎

遅くなりましたが、2013年2月の太陽杯準優勝の系譜に連なるヒドラデッキでの準優勝、おめでとうございます。
前回はフィールド上のシンボル数と使用可能コア数についての解説を披露いただいたと思います。
今回も構築に込めた思いなどをお聞かせいただければと存じます。

ありがとうございます!

>✌Whisperさん
>2013年2月の太陽杯準優勝の系譜に連なるヒドラ

懐かしいや…
記憶してくださって、ありがたい限りです。
「2年に1回、ヒドラで2位」を目指して頑張ります。

太陽杯では《永遠なる水道橋》が、
帝王杯では《五聖童子》が鍵となりました。

解説などは機を見て載せたいと考えています。
(ゲルマさんのブログ公表後にでも)

No title

準優勝おめでとうございます
お久しぶりです

東京・千葉を離れてしまったこともあってバトスピからも離れていたのですが、ヒドラが結果を出したと聞くとついついもう1回戻ってきたくなってしまいますね 笑

No title

>ソラくん
お久しぶりです。
あれから月日が経ち、ワイプがなくなり、
現役の市川ワイプ勢は散り散りとなり、
いつまでも同じ状況で遊べない事象を
儚く想う今日この頃であります。

戻って来ましたら、変化を続けるバトスピが
楽しめると思われますよ。

コメント、ありがとうです。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。