コンテントヘッダー

人物考察(第7回) 村重

雑魚っぽいキャラの登場に、どんなバトルを見せてくれるのかと
ワクワクしました『バトルスピリッツ烈火魂』第8話。

e_murashige.jpg
 山村村重(やまむら むらしげ)

自称「鬼の一番槍」で百人斬りデッキを持つA級バトラー。

モデルは戦国武将の荒木村重。
裏切ったり裏切られたり、アップダウンの激しい壮絶な武将。
しかも最後は茶人。
「村重 the 下剋上」と言いたくなる御仁。

“ちちぶスタジアム”で暴れる村重であるが、
幸村の来訪を聞き逃げ出そうとして、新登場の百黄半蔵に敗北する。
バトルシーンはなく、敗北後のシーンのみ。
どんなデッキを使ったのだろうか?

村重は小者として烈火魂デビューであるが、
ヘタれギャグ系のトリックスターとしては活かす方法があろう人物。
(「トリックスター」とは物語を掻き回す役割のこと)

実写キャストは宅麻伸とか寺門ジモンとか。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック