コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

炎 利家

いずれおとらない英雄・豪傑・強豪などが勝負する様を
「竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ)」という。

バトスピ烈火魂にてタイガー&ドラゴン構図で、
炎利家と烈火幸村は対峙し続ける間柄になるだろうか。

よくある構図でして、サンライズの先輩では「虎王vsワタル」。
利家の虎のお丸が変形するのを見て、邪虎丸を思い出す。

バトルの際のあの乗り物は搭乗形態はホバークラフト。
風とか音とか気にするのは野暮なので触れないように。


幸村の《ジンライドラゴン》の【真・激突】を
ヤイバード》でブロックする利家。

しかし、BP勝ちした《ジンライドラゴン》が焼けてしまう…

利家
「生憎だったな。ヤイバードはソウルコアが載っていれば、
 破壊された時、BP6000以下のスピリットを
 道連れにすることができるのさ」

e_toshiie.jpg
ソウルコアでカードテキストを隠す上級技術を使う利家。
(S級の技と思われる)

その後、利家は「思わぬ大物が引っ掛かったぜ」とか
「まんまと罠に掛かったな。ジンライドラゴン討ち取ったり」と
無用に挑発。3コストスピリットが大物とはいかに?
もしくはジンライドラゴンを落としたのがよほど嬉しいようだ。

それに応ずる幸村は
「だが、これでお前の手の内は分かったぜ」

…2人で痩せ我慢というか強がりというか、面子を掛けた勝負。

「だが、それがいい」と言うのかと思ってドキドキしました。


炎利家のモチーフは前田利家。
破天荒な逸話から傾奇者とされるその甥(前田慶次郎利益)の
要素を含んでかのカブキキャラ。
所作に分かりやすい見得とかなく、カブキ要素はメイクのみ。
この手の祖は「カブキ団十郎」だろうか。
そもそも「カブキ団十郎」も石川五右衛門&助六をポップにした
感じに思われるので、文化って素敵ですわ。

利家が第2話の幸村戦で使用したカードは
2 * 《ヤイバード
2 * 《オードラン
1 * 《センゴク・タイガー

やはり炎組は虎柄のオードラン必須か!?
虎柄好き(暫定オードラン推し)ならば、
リベレイションオーラ》と《ミニーズ特攻隊》が欲しいところ。

親分(兄貴)キャラ、傾奇者、
ならば実写キャストは市川海老蔵しかあるまい。

彼は武蔵もやりましたし、《刀の覇王ムサシード・アシュライガー》が
虎ならばなおのこと良し。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。