コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ギャラ杯の投了について

ギャラクシーカップでは「投了」が認められている。

投了すると、自分の残ライフは0として敗北します。
(当日配られる諸注意プリントに書いてあるので御確認を)

さて、「投了」に関しては謎に包まれていることありけり。


まず、タイミング。

ゲートオープン界放前に投了できるのか?
(負ける気、マンマンですね)


そして、優先権。

ゲーム中に投了宣言があるならば、先に発した方に権利があるのは自明。
ゲーム開始前や開始直後にどちらも投了したい場合、
どちらが投了宣言を先にできるのか?
(目的のために負けを競う…もはや別のゲームである)


効果処理中の投了の可否。

アタック時効果の【大粉砕】が発揮してから、デッキ破棄をせずに投了できるのか?
(主に《海皇巨神デュランザム》の効果でありますが)

自分のアタックが相手ライフに通り、バースト《絶甲氷盾》発動宣言後、
効果処理前に投了タイミングはあるのか?

《アルティメット・キャッスルゴレム》のアタック時トリガーがヒットした。
【トリガーカウンター】のタイミングで、【トリガーカウンター】は使用しないけど、
投了タイミングはあるのか?


次のラウンドなどに向けて、デッキの中身を知られたくない場合もありましょう。
やや重要な事項な気がしてきましたぞ、投了のタイミング。

どうしても気になる方は当日ジャッジにお尋ねくださいませ。


投了だと自分の残ライフは0になってしまいますが、
ライフを温存したまま敗北する禁術がありますね。

「バースト効果」を持たないカードを…

投了を覚悟したら、禁術の布石。
フルアタックで出来る限り相手ライフを減らして、禁術発動(というか公開)。

負けはしますが、自身の「被P平均(どれだけ殴ったか)」と
「与P平均(どれだけ残したか)」を有利にします。

勝つに越したことはない。
だけど、負ける場合も最善の負け方があるということを知っていた方が
「ギャラクシーカップ」というゲームで有利ではあろうかな、と。

これだけ御高説をわめいておいて、
投了術も禁術も既に広く知れ渡っているギャラ杯テクニックだとしたら、
こんなに恥ずかしいことはない。

たかが1点、されど1点、当落を分ける1点であるならば、
出来ることはすべてやってから後悔しようじゃないか。

このブログを読んだ方々の予選突破の足しになりますように。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。