コンテントヘッダー

CS北陸マスタークラス決勝(HC)

CS北陸2014・マスタークラス代表決定戦(HC)

決勝トーナメントに白紫はいた。
その白紫が悉く赤に駆逐されてしまった北陸大会の頂点戦をここより。

コヤマックス vs クボタK
(片やHN、片や半イニシャルでお届けします)

じゃんけん勝ったコヤマックスが《バットナイト》召喚、
バーストセットでのスタート。

対するクボタKは《三札之術》をメイン使用。
1枚、2枚と手札に加え、3枚目お願い三札連太郎!デッキトップオープン。
アルティメット・ガイ・アスラ》がペロリと。
「お前じゃないし、フィニッシャー見えちゃったし」
そんなクボタKの心の声が聞こえそうだった。
赤のスピリットカードでないので、デッキトップへ戻る。

コヤマックス、《ボーン・トプス》召喚、《旅団の摩天楼》配置。
無魔無魔してきたけど、攻撃はせずにエンド。
紫速攻ではないということだろうか?

赤のクボタKは《デブリ・ザード》からの【スピリットソウル:赤】を活かして
アルティメット・プテラトマホーク》を召喚。
Uプテラでアタック。トリガーはヒット。
ボーン・トプス》でブロックしてライフは1減少。
破壊バースト発動《双光気弾》で2ドロー。

コヤマックス、《悪魔皇デビッド》を喚ぶ。
Lv4での破壊時にアルティメットトリガーがある。
ヒットすれば1ドロー&自身は回復でフィールドに残る。
場合によっては無限ブロッカーとなる。
殴らない紫なのだろうか…
バーストを貼ってエンド。

動きの読めぬコヤマックスに対し、考えて考えて仕掛けるクボタK。
メイン中に《メガ・ネウラー》を召喚して1コアブースト。
アルティメット・プテラトマホーク》Lv3でアタック。
トリガーでめくれるは《ボーン・トプス》でヒット。
これを《悪魔皇デビッド》がキャッチ(ブロック)。
プテラはBP負けをしてトラッシュへ。
続けて、《メガ・ネウラー》アタック。
ライフでうけるコヤマックス。ライフ減少バースト《妖華吸血爪》で手札を増やした。
更に《デブリ・ザード》もアタック。そしてフラッシュ《ディノクライシス》!

BP5000まで相手のスピリットを好きなだけ破壊して、
【連鎖:緑】でシンボル1つスピリットを2体回復させる。

バットナイト》を焼き、アタック中の《デブリ・ザード》と
場に緑を確保している《メガ・ネウラー》が起き上がる。
このアタックもライフに通り、コヤマックスのライフは2へ。

そのライフ2を狙って《メガ・ネウラー》が再攻撃。
しかし引きつけたコヤマックスが《サジッタフレム》で2体とも焼く。
焼かれてもリザーブにはコア2個。出るか1コストの【神速】!?
ここで出して殴れば相手ライフは1。
ガイ・アスラ先生の勝利の射程範囲に入る。

…そう都合良くは出なかった(デッキに入ってないかも)。ここでターンエンド。

凌いだコヤマックス、《旅団の摩天楼》、《バットナイト》、《ボーン・トプス》と
並べてターンエンド。
ジャスティスさん曰く「おぉ、ここでターンエンド」。
この「おぉ」のところに「アタックしないの?」というニュアンスがあったが、
そう、デビッドの出現時点で守る紫ということだったのだ。

さぁ、更地のクボタK。
使えるコアは9、相手ライフは2。手札にはガイ・アスラ先生。
考えて考えて、《デブリ・ザード》召喚。
ここでガイ先生を出しても乗るコアがデブリ・ザードに1個とガイ先生に1個。
デブリ・ザードの維持コアは効果で0個にできないため、
ガイ先生の究極直接1点パンチは使えない。
使えたところで相手ライフ2が1になり、勝つのは次のターン。
少ないコアだと、カウンター攻撃に耐えられない可能性がある。
ヒノシシ》の召喚で《デブリ・ザード》をトラッシュから回収。
ここからのクボタKの攻め方は2通り。
横に広げてライフ1まで追い詰めるか、回収した《デブリ・ザード》の軽減も活かして
アルティメット・ガイ・アスラ》でとりあえず1点もぎに行くか…
(この場合、ガイ先生に1個、ヒノシシに1個乗せでアタックに入れば可)

彼の選択は《アルティメット・プテラトマホーク》と《デブリ・ザード》を並べての
チャンプアタックであった。

ヒノシシトプスに、プテラデビッドに、デブリ1体目はバットナイトに阻まれる。
阻まれつつの手札から《絶甲氷盾》でクボタKの第2波攻撃は終了。
コアを飛ばされない《デブリ・ザード》を攻撃の後半に持ってきたのは正しい。
ただ横に広げての戦術は失敗に終わる。
絶甲氷盾》をバーストに伏せなかったのは何かを警戒したのだろうか…
このゲーム、絶えず怖いのは後攻1ターン目からテヘペロしてしまったガイ先生。
伏せるまでもなかったのか、《オリンピアの天使長アフィエル》でも仕込んであるのか…

メイン中に相手の場を更地にしていくコヤマックス。
ボーン・ダイル》、《放浪者ロロ》、《砲凰竜フェニック・キャノン》と展開。
その後、《ボーン・ダイル》と《砲凰竜フェニック・キャノン》はコアを外して自壊。
赤のアルティメット警戒、かつ、うっかり指定アタックとか怖いですから。

閑話
冥勇士デスカラビア》と《悪魔皇デビッド》は非にて似なる。
同じ5年3組ですし。(コスト5軽減3の意)
第1回の北陸CSではこの《冥勇士デスカラビア》がこっそり初代新潟チョウテンオウに
貢献したことはあまり知られていない。

クボタK、何もせずにターンを渡す。
赤だし、何らかのドローソースをプレイできそうなものだが、手札苦しいのか…

本領発揮のコヤマックス、《英雄巨人タイタス》登場。
飛ぶは山札その数10。
《ライト・ブレイドラ》やら《双翼乱舞》やら落ちるのが見えたのは、
デュエルガルドさんのブログのおかげです。動画のアップ、ありがとうございます。

デュエルガルドのブログ 20140420の記事

クボタK、またもや何もせずにターンエンド。
まだ自身のデッキは10枚切っていない。
ガイ先生をお呼びして、このターンで1点。
次のターンでもう1点。チャンスはあるかも…
赤のスピリットがいないとどうにもならないが、このどうにもならない手札状況か。

続けてコヤマックス、相手のデッキ枚数を18枚だと確認し、
フェーズチェンジ》からの墓地より蘇生の《英雄巨人タイタス》でデッキを攻める。
2009年3月6日リリース『覇闘』封入のタイタス
古いカードが活用されるのを見てしまうと、
バトスピにはエキスパンション落ちがなくってよかったなと思う。

デッキの薄いクボタK。
ブロンソードザウルス》を召喚して《旅団の摩天楼》を破壊。
やっとの降臨《アルティメット・ガイ・アスラ》大先生。
ガイ先生のアタック。トリガーはヒット。ライフを1削りコヤマックスのライフは1へ。
デビッドがブロックし、破壊トリガーでデビッドはフィールドに残る。
このデッキに於いてはデビッドのアルティメットトリガーはプチデッキ破壊でもある。

そして、決着へ。
コヤマックスは《ボーン・ダイル》召喚から、もう一度《フェーズチェンジ》!
何度も墓から掘り起こされては息を返す《英雄巨人タイタス》登場。
クボタKのデッキは吹き飛び、コヤマックスのデッキアウト勝利となった。

5代目新潟チョウテンオウ(マスター)おめでとう、コヤマックス君。

閑話その2
昨年、4代目の決勝で惜しくも敗れた準優勝のデッキが実は紫軸のデッキ破壊。
ヒーローカップとギャラクシーカップとあるから準優勝デッキは公表されない今時分。
北陸決勝の流行なのかな?

それからシンプルで見やすい札譜は下記の赤坂さんのFBへ。
赤坂かおるさんのFacabook

ここはふざけている上に見にくい(醜い)ブログなものでして。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく拝読させて頂いております。
マスター初代新潟頂点王が冥勇士デスカラビアを駆使して代表を射止め試合を今でも鮮明に覚えており懐かしく思いました。
今考えるとあの戦法が、トリガー(オープンデッキは逆ですが)の未来予想図だったのかなと考えた次第でした。

No title

>マスカットさん

コメントありがとうございます。

このブログの「2010.04.10」の記事が初代ニイガタチョウテンオウの
対戦記録です。
しかし、デスカラビアの出番はなかったようです。
デッキには3積みなのに(泣)

今思うに、強かったのは《イビルオーラ》ではないでしょうか(笑)

いえいえ

読みやすいのはコヨシさんの方ですから(^-^;

では6月にお会いしましょう。

No title

>赤坂さん

余分なものをたくさん付けてまして恐縮です。
では、6月のCS東京(千葉県幕張)で。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック