コンテントヘッダー

言葉の壁

前回の記事の中盤にある「長い協議」について。

しゅくりさんのブログにもステージ上での情報が載っていますが、
種は種。 ヒーローマスター世界一決定戦
観客席から見ていた状況も書きましょうかな。


MAX2013ヒーローカップ全国決勝戦にて。

しゅくりさんが相手ライフ1を狙って《ソウルホース》でアタック。

フィールドにブロック可能なスピリットの居ないライ・ユウア氏、
右手を相手フィールドに届かんばかりに伸ばす。
ギャラリーにプレーヤーの音声は一切聞こえない。
ただ、そのジェスチャーは「フラッシュ、どうぞ」としか見えない。
としか見えない」のが今回の曲者。
そのジェスチャー後、しゅくりさんは「フラッシュ、ありません」という流れ。

その後、ライ・ユウア氏はフラッシュ《光速三段突》を使用。
右側のジャッジ(ステージ上にはジャッジが2人いました)が介入し、
ライ・ユウア氏と何やら談義が始まった。

ブロック側がアタック側にフラッシュの有無を尋ねた場合は、
ブロック側のフラッシュタイミングの放棄とみなす。
(これも常識であるが、明文化されてないところに隙がある)

といったことを説得しているのだろうと、察するのは容易い。
抗議するライ・ユウア氏が「フラッシュを使わないとは言ってない」と
主張していることも察するのは容易く、またその通りであった。

この問題はステージ裏へと持ち込まれ、
最終的にライ・ユウア氏の《光速三段突》の使用が認められた。


「フラッシュ、ありません」発言を誰も確認していない以上、
公正な判定と私は考えている。
話す言語が異なるように、同じジェスチャーだって国や地域によって
異なることは多々ある。
またライ・ユウア氏の試合を準決勝から見ただけの限りだが、
彼のゲーム中のジェシュチャーは激しい方の部類に入る。
あのタイミングでの、右手を伸ばすアクションの意図は本人以外に不明である。
改めて動画で確認したいところだ。

ブロック側がアタック側に対して「フラッシュ、ありますか?」と聞いた場合、
アタック側が返答する前にジャッジが介入して
トラブルを避けることだってできよう。
ブロック側に対して、「フラッシュはないのですね?」と。


そんなトラブルもありながら、相手に守らせるだけ守らせて、
最後の最後はきっちりと勝利を収めたしゅくりさんに真の強さを
見せてもらいまして、それはそれは感動いたしました。
リスペクトバトルというやつですかな…

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック