コンテントヘッダー

CS新潟2013HC決勝戦(マスター)

今年のCSは今回の新潟が初参加( ≠ 参戦)。
ギャラクシーカップはモニター戦ではなく、
ひっそり粛々淡々とゲームは進行。
いつしか全勝者1名に絞られてGC代表が決定する。
故にどのような勝負があったのか分からない。

対して、ガンスリからの予選突破者による決勝トーナメントの
ヒーローカップは従来通りのイベント運び。

ここに4代目ニイガタチョウテンオウを決める闘いを記そう。


CS新潟2013・マスタークラスの代表決定戦(HC)。

albatross(アルバトロス) vs シュウカ

「群馬 vs 新潟」という構図。
関越トンネル対決である。
また注目したいのはシュウカが女流札闘士であること。
勝てば、バトスピ初のマスタークラスの女性チョウテンオウが誕生する。

まずは先攻のアルバトロス、《双翼乱舞》のメイン使用で2ドロー。
バーストを伏せてのスタート。

シュウカは《ゴクラクチョー》を召喚。アタックはしない。

アルバトロス、《魔星輝く古戦場》を配置。
相手ターンで相手のスピリットが疲労したときに1枚ドローするネクサス。
待ち構える。

さて、ここでシュウカが《シダフクロウ》でも出せば無限アタックの成立なのだが、
お出まししたのは《オウゴンオニクワガー》のLv2。
バトスピラジオ的にはスガポンのソウルスピリット。
「ソウル」も「スピリット」も、「魂」とか「霊」とかなので
これは無茶苦茶な造語だ。
ちょっと前に聞いた話であるが、古参のプレーヤーが《シダフクロウ》を召喚した時に
新規プレーヤー「何ですか、それ?…小さい《トーテムオウル》かぁ」
違う、大きい《シダフクロウ》が《トーテムオウル》なのだ!
脱線もそこそこに、《オウゴンオニクワガー》の連続攻撃により、2ライフ攻める。
引き換えに、魔星ドローとバースト《妖華吸血爪》により潤う手札のアルバトロス。

返しにアルバトロスはバーストセット後に《ストラングルフォッグ》を使用。

ストラングルフォッグ
マジック
コスト4(軽減:紫)
フラッシュ:
相手のスピリットのコア1個を相手のリザーブに置く。
相手のライフ/フィールド/リザーブ/トラッシュのコアの合計数が、
自分より3個以上多いとき、さらに、相手のスピリットのコア3個をボイドに置く。

両プレーヤ、およびジャッジも加わってお互いのコア数を確認して効果を執行。
窒息霧を浴びせ、鳥も虫も駆除。

増えたコアが丸々ボイドに送られたシュウカ、更地からの再スタート。
ダンデラビット》の召喚から次への攻撃態勢を始める。
このターン、アタックはしない。
相手ライフ3をいかにして削るのか、衆目が注がれる。

アルバトロス、《魔星輝く古戦場》2枚目を配置。
超絶ドロー体制が確立。フィールド的には相当優位。
日本には「判官贔屓(はんがんびいき)」という言葉がある。
弱い方・劣勢の方に同情を寄せてしまう心理。
マスター女王の初誕生の期待からも、
ギャラリーの空気がシュウカのホームと化す。
そう感じたのは私だけだろうか…

シュウカは《黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ》を呼ぶ。
このターンもアタックはしない。

ターンの返ってきたアルバトロス、何もせずにエンド。
!?
スピリットが2体並んだあたりで駆除に入ると思われたが、
有効な手立てがないか、カウンターで蹴散らすつもりか。

シュウカの場に《タイラントール・ネロ》が降臨。満を持して。
Xレア級の効果を持つコモンカードのネロ。
歴史の教科書には良いことの書かれていないネロ。
膝下がどうかしちゃっているスピリットランキング2012の断トツ1位の暴君、
妖刀を振り回しての3点パンチ!

アルバトロスはバーストも発動できず、手札も使えずに残りライフ全てを減らす。
こうして、我々はバトスピマスタークラス初の女性チョウテンオウの誕生に
立ち会うこととなった。


シュウカさん、4代目ニイガタチョウテンオウおめでとうございました。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック