コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ボンバーぶらりステージ②

MAXのことを書き続けているのは、私のところだけかもしれない。


セカンドステージは「ボンバー体操」から始まった。

本当に本当に、
ガンスリに参加するでもなく、
メインステージを観るでもなく、
サイン会に行くでもなく、
物販に並ぶでもなく、
ボンバーを応援に来ている人達がいました。
この域に達するには私には邪念がまだまだ多すぎます。

特設ステージ前には真のボンバー勢と違いの分かるチビッ子達が。
その周囲を「関係者」のタグを首から下げた方々が続々集結。
CSのどのイベントよりも多く見受けられます。瞬間集合率No.1。
どうやらボンバーが心配で駆け付けた親ボンバー勢のようです。
愛されていますね。

体操ですが、ややヌルめの歌にやや複雑な振付けをボンバーが披露。
客席、ポカーン。
司会のお姉さんも仕事でなかったら凍りついていたことだろう。

ボンバー「さぁ、皆さんも御一緒に!」
とギャラリーも体操をするのですが、
後半は足腰を使った動きのため座ったままでは魅力が半減。
それでも座位で腕だけを動かしている我ら、
端からは何かのリハビリに見えたに違いない。

セカンドステージは変な空気で滑り出した。

続いて「ボンバークイズ」。
気を取り直してのクイズ大会。
ハジメ役の平田真菜さんが応援に駆け付けてくれました。
モニターに3択か4択のクイズが出題されまして、
挙手したギャラリーから選ばれた人がステージで回答するシステム。
バトスピファンなら誰でも答えられるクイズにチビッ子夢中。
挙手して当てられたら恥ずかしいなと思いながら、
必ずチビッ子が指名されるシステムなので安心して挙手。
クイズの答えが判らなくても挙手して盛り上げに加勢。
クイズに正解すると、18弾覇王大決戦1パックと
もぎたてボンバー1冊がプレゼント!
これは羨ましい。
(略して)模擬本をチビッ子が受け取る姿はシュールを極める。
(「もぎたてボンバー」についても後日詳細に記述します)

セカンドステージのトリは歌謡ショー。
マイクとイスがセッティングされて、客席からはボンバーコール。
アコースティックギター片手にボンバーが登場。
凄いなこのカリスマは。
最近、「バトスピやろうぜX」でボンバーのロボ芸を見たけれど、
どれだけ引き出しがあることやら…
一曲入魂の『恋のガンスリンガー』を弾き語り。

感動しました。
カードゲームのイベントでアコースティックライブ。
もとい「歌謡ショー」。
贅沢で至福な時間。

ボンバー勢もチビッ子もライフでウケたことと思います。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

模擬本ww
受け取ったちびっこは模擬本をちゃんと読んでくれるのか心配ですww

サイン会が終わってお昼食べて呆けてたら
2回目のステージを見逃してました(笑)
3回目のステージレポも期待しますww

知らなかった…

お疲れ様です☆

ボンバーステージ・・・
その存在自体を知りませんでした、ビックリギョウテンマル (@ ̄□ ̄@;)!!

大型イベントは色々な催しがあるのに中々楽しむ余裕がないですね、いつも(´;ω;`)

MAXシリーズまだまだ期待してますよ( ̄∇ ̄*)ゞ

No title

〉赤坂さん
体力勝負のMAX。呆けますね。

〉エムさん
カード業界でのレアキャラですので
今後は是非御注目を~
MAXシリーズ、まだまだ続きます。

No title

いやー ボンバー凄いですね
ここまでキャラがたってしまうとはね・・・

でもボンバーのある意味純粋さが
今のバトスピには必要ですね

No title

>イストさん
ファンに尽くそうとする純粋さが溢れていまして、
そうでなければ『ボンバーぶらりショー』というハイリスクなことには
手を出せないと思っています。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。