コンテントヘッダー

覇王決定戦(マスタークラス)

覇王CS全国大会決勝戦(マスタークラス)

覇王(4代目ニホンチョウテンオウ)を決める闘い…
昨年の11・12月のシードリーグ予選やハイランカーパスの奪い合い。
長い長いCSがMAXにて終焉を迎える。

上野山 vs 岡本

公式様、MAXレポート、アザートゥース(「ありがとう」の意)!

上野山のデッキはゴジラのガルード
岡本のデッキはシャムビート

まずは岡本の《ザン・トライ》からの開始。
相手のドローへの圧力を掛ける。

上野山はバーストをセットするのみ。

岡本は《イグア・バギー》と《アルマジトカゲ》を並べる。
トカゲか!?

「トカゲ」...それは《イグア・バギー》《アルマジトカゲ》《シャムシーザー》等、
赤としても白としても扱うハイブリッドな1コストスピリットを起点とし、
豊富なドローソースと多彩な白除去魔法でフィールドを制圧しながら、
ライフを削り切るデッキタイプ。

「颶風ガルード」や「姫ハンマー」あるいは「バゼル」など
1体1体のスピリットに重点が置かれるデッキを
全国決勝での仮想敵とした場合、非常に有効と思われるトカゲ。

さて、そのトカゲを並べたならば、フルアタックが基本。

イグア・バギー》からアタック!
上野山はライフで受けるなりバースト発動。
氷の覇王ミブロック・バラガン》推参。
トカゲが苦手とするものはいくつもあれど、
危険度乙種の副長は非常に苦しい。
すぐにでも手札に戻すなり、デッキの上でも下でもいいから
御退場願いたいが、術なく岡本の攻撃は止んだ。

フルアタックの嵐は食い止めた上野山であるが、
今後を凌ぐ方策に悩む。悩んで悩んでバーストセットのみが続いた。

トカゲの岡本、《アルマジトカゲ》2体目をも並べ、
ブレイヴドロー》をメイン使用。
2ドローからの3オープンで《騎士王蛇ペンドラゴン》をゲット。
烈の覇王セイリュービ》と何かしらの1枚をデッキに戻す。
手札の《騎士王蛇ペンドラゴン》は相手へ圧力を掛けるし、
デッキからすぐに来る《烈の覇王セイリュービ》だって充分な圧力。
アタックステップに入るなりバラガン効果で全スピリットが
手札に戻るがゲームは岡本ペースに見える。

上野山は《リバイヴドロー》のメイン使用後にバーストの貼り替え。
召喚効果を期待できないなら《双翼乱舞》は早々に落として、
貼り替えた札にはバラガン感がある。

トカゲ岡本、トカゲ達を再展開。途中、《ブレイヴドロー》を挟む。
オープンカードは下記の3枚でデッキへ戻した。
龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード
ハイビスカスの妖精アオイ
ザン・トライ


ハイビスカスの妖精アオイ
[Lv1-Lv2]
自分の緑/白のスピリットがいる間、相手によってこのスピリットが破壊されたとき、
このスピリットは疲労状態で自分のフィールドに残る。

[Lv2]『このスピリットのアタック時』
自分の赤/紫/青のスピリットがいる間、
このスピリットは、コスト6以上の相手のスピリットにブロックされない。


トカゲである以上、赤と白のスピリットの確保は容易。
高コスト相手ならばアンブロッカブル。
なによりもデッキに華を添える注目の1枚。
ちなみにハイビスカスの花言葉は
「常に新しい美、勇敢、華やか、信頼…」。
デッキに戻ったが、活躍に期待がかかる。

岡本はバーストセット後に《シャムシーザー》も戦列に置く。
そして《イグア・バギー》からアタック!
「アタックはバギーから。」という不文律でもあるかのようなデジャヴ。
上野山はライフで受けるなりバースト発動。
氷の覇王ミブロック・バラガン》推参。
トカゲが苦手とするものはいくつもあれど、
危険度乙種の副長は非常に苦しい。
すぐにでも手札に戻すなり、デッキの上でも下でもいいから
御退場願いたい…おっと、記事がループするところだった。

先とは状況は異なる。弾は揃っているので飛ばすが吉。
このターンの2発目《シャムシーザー》を発射。
副長のブロック後に《絶甲氷盾》! 攻撃は中断。
鉄砲玉は浮かばれないが、1枚でも防御札を使わせた意味は大きい。

ライフ3の上野山、「まだ3」と取るか「もう3」と取るかを占う
マジックブック》で手札から《双光気弾》を2枚オープン。
その分、2ドロー。バーストを貼って、猛攻撃に備える。

トカゲ岡本、《三札之術》で手札増強。
「三札之術」と「三原順子」は似ている。と常々思っている。
まばたきしてる間に 今は過去へと過ぎてく♪
まったくもって他所見をしていてはモニターの状況は把握できぬ。
但しこれはバトスピだ。セクシー?,No,ギャラクシー!
騎士王蛇ペンドラゴン》を召喚するも
副長をLv1に追い込むことは出来ず。
猛攻撃ステップ突入。上野山はバラガン効果を使わなかった。

またもや《イグア・バギー》からアタック!
「アタックはバギーから。」という不文律は間違いない。
イグア・バギー》は副長に返り討ちに。
だが、バースト《双光気弾》が黙っておらずに2ドロー。
ここまでたいへん手札増えています岡本。
問題は白除去魔法の有無となる。
ドリームリボン
ドリームチェスト
光速三段突
どれかしら握ったのではないか。
そもそも序盤で握っていて、早めに《氷の覇王ミブロック・バラガン》を
封じていれば早い決着が期待できたのがトカゲである。

猛攻撃ステップの2発目は《アルマジトカゲ》発射。
上野山のライフは残り2へ。
騎士王蛇ペンドラゴン》がノーシンボルで3発目。
フラッシュで【烈神速】の《烈の覇王セイリュービ》が降臨。
4発目は《烈の覇王セイリュービ》が二刀流で攻める。
バースト発動、《刀の覇王ムサシード・アシュライガー》が迎撃。
二刀流の本家の前に劉備は散る。潰える猛攻撃。
メイン中にコアをトラッシュに送る作業から
劉備を予測した上野山が1枚上手のターンであった。
低コストだらけならばバラガン効果で戻し、
大物が来たならアシュライガーでキャッチ。
すわ「音無しの構え」とはこのことか?
“出れば斬る、引けば突く”

上野山、《俊星流れるコロッセオ》を配置、バーストセット。
副長と武蔵で次の波を待つ。

トカゲ岡本、《イグア・バギー》を戦線に送り込んでからの
双翼乱舞》を2連発。毎ターンのドローマジックで凄い手札。
バーストをセットして、アタックステップに入る。
今度はバラガン効果で《刀の覇王ムサシード・アシュライガー》が
手札に戻って岡本トカゲ軍団が総辞職。
残った《ザン・トライ》with《騎士王蛇ペンドラゴン》の攻撃。
上野山、会心の一撃《秘剣燕返》でペンドラを焼き、ザン・トライを焼く。
これを銃爪にバースト発動!
岡本の《風の覇王ドルクス・ウシワカ》が副長をこかす。
ライフ2に対して、牛若、跳ぶ。
烈の覇王セイリュービ》も手伝って牛若無双。八艘飛べるか壇ノ浦。
ライフを減らすもバースト《絶甲氷盾》で追撃終了。
牛若は手札に戻った。この大菩薩峠、険しい。

耐えに耐えた上野山。
伝家の宝刀《颶風高原》&《鳥獣烈神ガルード》のコンボがキまる。
バーストセット(再び「音無しの構え」か?)でまたも防御態勢。

覇王を決める闘いに相応しいと思うのは、
ここに来て蜥蜴の岡本が息切れをしていないタフさにである。
シャムシーザー》、《イグア・バギー》の再登場から
ラスト《双翼乱舞》。《アルマジトカゲ》も出して三原順子三札之術》。
やたらと引く。というか掘る。山札以上に手札が厚い。
ここまで引いても白マジックが来ないのだろうか…
バーストセット後に仕方なしにアタックステップに突入すると、
バラガン効果でガルード戻しと今期二度目のトカゲ総辞職。
劉備1体では音無しの構えの前に攻められない岡本。攻撃断念。

さて、上野山が動いた。山が動いたのだ。
この先無理矢理1点削られてしまうと、
下手をすると《ハイビスカスの妖精アオイ》のブロックができずに
ゲームの終わる可能性がある。そして待ちに待った勝機も訪れている。
相手のデッキの残り枚数が12を切ったのだ。
鳥獣烈神ガルード》再びでコアが増え、
龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》は素出し。
ヤマト発進!劉備に指定アタック。
ブロック成立後にオープンしていた《双光気弾》2枚を空打ちで
ヤマト上のコアを0として自壊。
(劉備を破壊したら牛若が働いちゃいますからね)
そして更地の敵陣へ《鳥獣烈神ガルード》のアタック。
これが岡本のライフに通ってデッキが吹っ飛んだ。

かくして、上野山は覇王へと昇り詰めた。おめでとう!

名勝負を魅せてくれた両者へギャラリーは惜しみない拍手を送り、
私もその1人として歴史に立ち会えたことを誇りに想う。



はぁ…、脱線も微量あれど長かったですね。
最後まで御清聴ありがとうございました。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

長きに渡るCS行脚?もお疲れ様でした。
そうか、アオイが入ってたのか…

では次のCSにてお会いしましょう!

No title

>赤坂さん
お陰さまで見落としていたところが補完できまして、
良い記事になりました。と、自画自賛(笑)。
来期も助けてくださいませ~

No title

コメント失礼します。

コヨシさんのブログはいつも拝見させていただいております。

正直この記事書くの待ってました!って感じです(笑)
この試合だけ見なかったもんで記事ありがとうございます。
毎回CS決勝の長文お疲れ様です。

僕にとって本当におもしろいです。
本当にありがとうございます。

No title

>ジャッジキルさん
応援ありがとうございます。
来期のCSも可能な限り続けていきたいと思います。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック