コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ダディとパパ(続き)

(前回の『ダディとパパ』のつづき)

ダディJr.は勝った。
ダディはこの勝利に違和感を覚え、再試合を運営側に直訴する。

マスタークラスの決勝戦の2人はしばらく待たされてから試合を開始。
そのマスター覇王が決定した後にジャッジの代表が
先の試合についてのコメントを出した。

その内容は審議の結果、処理ミスがあり、
ジャッジが介入せずにゲームが終了してしまった。
再試合は行わず、両プレーヤーのみによるゲームの決着を
尊重する体裁を以って、正式な結果として頂きたい。
申し訳なかった、と。

客席にいた1人である私はそう受け止めた。
そう受け止めたが、前向きに咀嚼して咀嚼して無理に嚥下して。
そう思わなかった聴衆も多くいるに違いない。
感情的には私も皆と同意見であった。

大勢の人の前で謝るということだって慣れていることではない。
世の中には「大人の事情」というブラックボックスが存在し、
そのブラックボックスに彼も不条理を感じているならば、
彼もまた被害者である。

ダディJr.はそのコメントを自分達の試合の話とは思わなかったかもしれない。
まだ幼い少年。
コメントを聞いてなかったかもしれないし、
ついさっきの試合(マスターの決勝戦)のことかと思ったかもしれない。

優勝インタビューを受けたダディJr.は巧く言葉が出てこない。
それはジャッジのコメントに対して想うところがあったのではなく、
緊張がそうさせていた。
これまでの経緯から悲愴を重ね合わせてしまいそうになるが、
一部のギャラリーの思い過ごしであったようだ。
そして、この一部のギャラリーは決勝を闘った2人の味方である。

父親と息子。
バトスピ界でこの組み合わせは多い。
またバトスピは父親がのめり込むという稀有なカードゲームである。
バトスピに夢中の息子(と自分)のための家族サービスの話を聞くことも
ひとつやふたつではない。

ダディは覇王となった息子とステージ裏で再会する。
激しく喜びを分かち合いたい。
が、複雑な心境のため、静かに褒めるに留まった。

ダディは準優勝者であるパパJr.と話をする機会を得ていた。
ダディ「あんなことになってゴメンな」
パパJr.「あのままやっていても僕が負けてました」

そんなマスタークラスな発言にダディもパパも救われる。
このやりとりを多くのギャラリーもジャッジも知らない。




公式見解が発表されましたね↓
バトスピ覇王チャンピオンシップ ジャッジからのご報告

以上、何もなければ、ライフでウケます
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Everything happens for the best.

ですね。

大人たちの失敗をも子どもたちは糧にして、成長しているんですね。
オリンピックの選手たちの自己顕示欲の強すぎるコメントよりもずっと素晴らしいパパジュニアの発言に拍手!!!

大人たちは、今回のこともちゃんとプラスにつなげていく努力をしなければいけませんね。メーカーだけでなく、ユーザーも・・・。

No title

プレイヤーとして、またプレイヤーの親としての良心というのが凄くでたお話でした。
お互いを認め合い、ベストを尽くし、結果を許容する
中々できることではありません。

先のコメント書かれた方も書いていますが、
このような良心的なプレイヤーに支えられてこのゲームは
成り立っているということをメーカー等のサプライヤーさんは
心に刻み込んでいただきたいと思いますね。

2人の中にはやるせない気持ちはあると思いますが
それに挫けず前に進んでいただけたらと思います。

私自身も1プレイヤーとして同じような気持ちで
楽しんでいくよう心がけたいものです。

No title

>ヤスパパさん
>プラスにつなげていく努力
ごもっとも。
ユーザーも(届くかは判りませんが)声を上げて行きたいものです。

No title

>イストさん
>良心
電源を使わないゲームは「良心」に支えられていますね。
前向きにバトスピを遊んで行きたいものです。

コヨシさんらしいまとめかただと思いました。
私は目の前の断片的な事実を書くことしかできないので
言及を避けることしかできませんでした。

願わくは半年後から始まるCSがすべての関係者にとって素晴らしいものとなりますよう。

No title

>赤坂さん
まとまっているかは自信がないのですけどね…どうもです。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。