コンテントヘッダー

ウッドボール逸話

唐突にTV放送の話でも。

バトルスピリッツ覇王(ヒーローズ) #37
『ただいま日本、さよならサンセット』

別れのシーンは泣けました。
とある海賊団がお別れの際に手の甲にバッテンを記すくらいに泣けました。
ばってん荒川。

貯め撮りした上にランダムに見ているので、
主人公一行はいつの間にか「ウッドボール団」ということに微驚く。

きまり ≒ 木 毬 ≒ ウッド ボール

という洒落構造でして、活字で説明・解釈するのも気恥ずかしいのは気のせいか。


ひとつ昔話をしますと、20年程前にとあるゲーム雑誌が隔週発行から週刊化し、
その際に上記の洒落構造で「ウッドボール」はキャッチコピーとなりました。
また、『ウッドボールの歌』のCDが関連書籍に付録されたり…懐かしや。


ところで、「アッシー君」は死語なの…?(作中のミカ姉の台詞より)

現役で使用しておるのですが、いよいよその語彙が伝わらない時代が
来てしまったようですね。

アッシー君、メッシー君、ミツグ君…さよならバブル用語。

そもそも「ミカ姉」という呼ばれ方すら、「ゆき姉(兵藤ゆき)」由来としたら古いかな?

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック