コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CS仙台2012 スタンダード決勝戦

バトスピ覇王チャンピオンシップ
東北エリア大会
スタンダードクラス 決勝戦

公式発表前なので、少年バトラーの名前は一部伏せて仮名だったり、
敬称略で書いていきましょう。
それから文章を盛っていたら長くなってしまいました。
それだけ熱い闘いだったことをお察しください。

M&M(仮) vs ツチヤヨシトモ

先攻はM&M(の服を着た少年。以下、MM)は
バーストを伏せてのスタート。
昨年に引き続き、スタンダードのチャンピオンを宮城県内から
輩出するのか…期待が掛かる。

そして、伏せても伏せ切れないビッグネーム「ツチヤヨシトモ」は
ストロングドロー》で《シユウ》と《マー・バチョウ》を
落としてのスタート。
陳腐な表現であるが、嵐前の静けさに息を呑む会場。

このブログはバトスピCSの決勝戦を記事にしていることで
お馴染みだが(誰にだよ!)、
「ツチヤヨシトモ」の名前は何度となく挙がっており、
もはや伏せるに伏せれないビッグネームである。

CS2010 ニイガタチョウテンオウ(初代)
CS2011 CS新潟(牡牛座) 第2位
CS2011 MAX代表(魚座) → そのまま全国第2位

輝かしい経歴である。
これだけで履歴書が埋まってしまう。

先のCS2012の北陸エリア大会(新潟)では
シードリーグで1没後にガンスリ突入。
予選通過ゾーンにギリギリ間に合わないスピードで上がって来たのを目撃した。
今回のCS仙台2012では予選1番抜け。
私の知っている「バトスピモンスター(褒め言葉)」の1人である。


MMは何もプレイせずエンド。静かに過ぎる。

ツチヤ、《タマムッシュ》を召喚。
それをトリガーにMM《双翼乱舞》発動。追加も含めて4ドロー。
MMは手札モフモフに。

それを見届けてからのツチヤはバーストセットを終え、
タマムッシュ》でのアタック。ライフに届く。

MMは《ゴクラクチョー》を召喚。
それをトリガーにツチヤ《秘剣燕返》発動。
MMは手札カツカツに。
手札2枚では攻めるわけにはいかず、
ここでMMは攻撃せずに耐える戦法に切り替えたかもしれない。

ツチヤは《風の覇王ドルクス・ウシワカ》を素出し。
アタックなしの攻撃準備。

MMは《双翼乱舞》をメイン使用で2ドロー。
バースト伏せての防御態勢へ。

ツチヤ、ウシワカに《シユウ》を付け、効果使用のダブルパンチ。
MMは《マー・バチョウ》を神速で出し、とりあえずコアブ。
Lvは3にはならぬため、ブロック能わず、ダメージ入って、残りライフは2。
相手は6ライフ。
MM、ピンチではあるが、バースト《龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード》が
ウシワカを燃したので勝負の行方は分からない。

MMは《タマムッシュ》を2体繰り出す。
コアは充分、但し手札は1枚。
ヤマトシユウに指定アタックで、焦土作戦を開始。

フリードマン様、頼りになる。
まったくの脱線であるが、バトスピの初代主人公キースピリットに
龍王ジークフリード》と名付けたのは、
マイケル・エリオット氏からフリードマン・フリーゼ氏に対する
1つの遊び(もしくは挑戦状)なのではないかと…否、それはないか。

(軌道修正)しかし、この作戦中にツチヤがを出そうものなら、
低BPを並べたMMのライフ2は瞬時に消える。
蜂とは《ミツジャラシ》じゃなくて、フォンなニードの方ですよ。
どこまで時間を稼げるか、どれだけ早くフィニッシャーを引けるか、
この頂上決戦の勝利の女神は悪戯が過ぎることをこの時誰も知らない。

フィールドを散らされることは覚悟のツチヤ、
決定打となるスピリット展開はせずに《サジッタフレイム》で
MMの《タマムッシュ》と《ゴクラクチョー》を破壊。
バーストをセット。ライフの6は早々に減らされまい。

だが、ここでMMは今っ引きかな《ハンドリバース》。
トライアングルトラップ》をトラッシュへ。
序盤の手札2枚からのリカバリーは成った。たいしたものである。

昔々、「緑vs緑は先攻《マッチュラ》出したら勝ち」と
言われた時代が懐かしい。

MMは更に《スタークレイドル》で相手の《タマムッシュ》の疲労と
自陣の《マー・バチョウ》を手札戻し。
メイン中に《マー・バチョウ》と《オオヅツナナフシ》召喚で手札を再増強。
重ね重ね手札のリカバリーに脱帽である。
手札を叩き落とされても絶望しなかった戦士へ女神がプチ微笑んだか。
ナナフシを背負ったヤマトの攻撃から焦土作戦は続く。
ツチヤの疲労《タマムッシュ》は効果破壊される。
が、これを機にバースト《刀の覇王ムサシード・アシュライガー》見参!

ツチヤは《トライアングルトラップ》で小物を全て疲労させ、
ヤマトの攻撃はライフ受けで反撃へ移る。

ツチヤ、《牙皇ケルベロード》を召喚。
ここに来て決定力のあるブレイヴのお出ましだ。
バルカン・アームズ》で手札を整え、アシュライガー・ケルベロードで合体攻撃。
Lv2なのでBP13000
満足なコアブーストは成していないため、コアはカツカツだ。

MMは相手のドローステップから起きていたナナフシ・ヤマトで応戦(ブロック)。
そのBPは15000

BP負けしても、続けて単体の《牙皇ケルベロード》と《バルカン・アームズ》の
アタックが通ればライフ2に届く。ツチヤ決死の特攻か!?

ツチヤは《ストロングドロー》でBP+3000。
(確か、「バルカン・アームズ、君のチカラを借りるよ」状態だったはず)
特攻ではなく、ヤマトを屠って再攻撃する気マンマンだ。BP16000へ。

二天一流 一点突破なるかならぬか 固唾呑みこむ nobody knows

勝負ありかと思いきや、MMもナナフシで引っ張ってきた手札が神憑り。
マー・バチョウ》【神速】召喚後に出ちゃいました、烈・神・速! 
陽はまた昇るよ、SUNRISE !
ナナフシヤマトがLv4へ。そのBP22000

剣斬ならず、返り討ちに散る。

その後のMMのカウンター総攻撃を少ない手札でツチヤは凌ぐものの、
2ターン後には刀折れ矢尽きてライフは0へ。

両者の素晴らしい闘いにギャラリーは称賛の拍手を惜しまなかった。

M&M(仮)くん、東北代表おめでとうございます。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

お久し振りです

読ませていただきました!
とても読みやすく臨場感溢れるまるで観戦してる様に思いました。

宮城代表の子は地元の仲間で自分1人でやってる子です。
MAXが楽しみです。

最近はバトスビ部はやらないですか?

お世話になっております

>かっしーさん

レスが遅くて申し訳ないです。
周囲を取り巻く環境の変化で墨東バトスピ部は休止中なのです。

>宮城代表の子は地元の仲間で自分1人でやってる子

そうだったのですか。
今度、詳しい話をお聞かせ下さいませ。

No title

自分のいつも練習しているやつは仙台マスターの代表です。
バトスピ初めてまだ9ヶ月なんですがね・・・。
日に日に強くなってます。

そいつの緑デッキはあらゆるデッキに対抗策を持とうと考えた結果、あんなにピン挿しが多くなってます。
コロッセオとかドリームチェストの採用にもきちんと意味はあります。

決勝戦は先に蜂リュービされちゃいましたけど、マジック多めにつんでるだけあって、即死することなく次のターンにつなげられて正解だったみたいです。

あと、よろしければ相互リンクをお願いしたい次第です。
URL貼っておきます。

No title

>約束された勝利の剣さん
リンク貼りました。よろしくお願いします。

CS仙台2012の決勝のメモ書きがあるのですが、
記事にはできておらず活躍を伝えられていないのがもどかしいです。

No title

リンクありがとうございます。

自分も決勝の時はガンスリに飛び込んでいましたので、正直あまり見れていないという・・・。
公式には「セイリュービが勝負を決めた!」と書いていましたが、召喚しなかったみたいですね(笑)
というか召喚したのは相手の方・・・
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。