コンテントヘッダー

CS福岡2012 スタンダード決勝戦

バトスピ覇王チャンピオンシップ
九州エリア大会
スタンダードクラス 決勝戦


ショウダイ vs たくみん

決勝戦ともなるとギャラリーも増え、CSは佳境を迎える。
ギャラリーは集まってはいるものの、沈黙を課せられているため、
熱い視線を送るだけの熱視線勢である。
ギャラクシーさんはプレーヤーを守るために率先して沈黙を促す。
そう、決勝のガラス台は誰しもの安全地帯でなくてはならない。

G曰く、
「カードの話をしないように。(2、3拍して)そもそも話をしないように」

ごもっとも。
沈黙規制に自らも思うように実況ができないギャラクシーさんの葛藤に
我々は同情せざるを得ない。

さて、ショウダイの《麒麟星獣リーン》の召喚とバーストセットで決勝開戦。

2コストビートの予感もあるし、いかなるブレイヴも可能。
1コストの想獣・戯狩を並べての「無敵のリーン」だってなくはない。
楽しみを多く含んだスタートだ。

たくみんは《ゴクラクチョー》の召喚とバーストセットでエンド。

ショウダイ、《犬将クー・シー》を口寄せてノータイムでアタック。
【聖命】でライフ1を奪う。
どうやら想獣型。《シユウ》が腐らない布陣である。

たくみん、《ダンデラビット》2体を喚ぶ。
既出の《ゴクラクチョー》すら「星魂」なのでモリモリ増えるコア。
次いで《バルカン・アームズ》で手札を整えて攻撃せずに守備を固める。
バルカン付きのウサギと素のウサギが共にLv1だったか。
クーシーシフトである。(Lv2・3がブロックできないので)

このクーシーシフトを掻い潜りたいショウダイ。
タマモノイン》との2トップ体制も良いがコア不足で仕掛けられない。
手っ取り早いのは《シユウ》である。
だが、ここで登場したのは《キカザール》嬢だった。

クー・シーが擦り抜けられないならば、リーンでアタック。
破壊されてのドローが欲しい。
ゲーム序盤ではあるが、《ウィッグバインド》を掘りに行ったように見える。

このアタックをLv1の《ダンデラビット》がチャンプブロック。
「相手による破壊」で《風の覇王ドルクス・ウシワカ》発動&推参。
犬将も猿嬢も疲労。

たくみん、反撃を開始。
エースアタッカー《蜂王フォン・ニード》が降臨。
連続攻撃。ショウダイは《ローヤルポーション》を握っているだろうか?
4コスト帯が積まれているだけに、
2コスト用の魔法は採用されてないかもしれない。
ブン、ブン、ブン。
連続攻撃3回目にショウダイの《絶甲氷盾》で止められるものの、
大ダメージである。

ターンの返ってきたショウダイ、少し考える。
蜂に全疲労させられては守るに守れぬ。
手札に解決策はないが、2体目の《キカザール》で効果ドローに託す。

犬将クー・シー》から攻撃。
防御に入った《バルカン・アームズ》付きの《ゴクラクチョー》であったが、
双光気弾》で剥がされるバルカン・アームズ。
ゴクラクチョー》は殴り負けでトラッシュへ。
続く《キカザール》のアタックはライフへ。
麒麟星獣リーン》は《蜂王フォン・ニード》に阻まれて破壊される。
このお陰でショウダイはキカザールドローと、
ずっと伏せていたバースト《双光気弾》で4ドローできた。
しかし、攻撃の手はここで止まってしまう。

たくみんは《巨蟹武神キャンサード》を2体戦場へ投入。
こちらもゆっくりはしてられない。
ウィッグバインド》の脅威が残る最後のCSの福岡である。
一撃3点のためのブレイヴは破壊されてしまったので
地道にライフ3を削りに掛かる。
フォン・ニードでまず2点。最期はキャンサードでアタック。
ショウダイ、有効な札がなくノーアクションでライフは0へ。

これにより、たくみんがフクオカチョウテンオウへと輝いた。

おめでとう、たくみん君。

この闘いの後、マスターの決勝戦「姫 vs 姫」が待ち構えているのであった。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック