コンテントヘッダー

努力・友情・勝利のルーツ

バトスピ覇王編は系統「覇皇」と「雄将」を推していますが、
「こいつは誰なんだ?」といった馴染みの浅い世界の英雄で満ち溢れています。
(私が英雄伝説に疎いだけかも)

星座はメジャーコンテンツでしたね。

イナンナ(イシュタル)という中東の女神に興味を持ち、
『ギルガメシュ叙事詩』に出てくるようなので昔々に読んだことがあります。

半神半人の暴君《ギルガメシュ》が、粘度と唾で造られた野人《エンキドゥ》と闘う。
バトル終了時、友情が芽生える。
杉が欲しくて森を守る怪物《フンババ》を倒して、杉をお持ち帰り。
ギルガメシュは女神《イシュタル》にプロポーズされるがお断りする。
怒った女神の放つ《天の牡牛》が街で暴れ、ギルガメシュとエンキドゥはこれを退治。
結果、エンキドゥは命を失う。
ギルガメシュは死について考え、冒険したものの、
【不死】の薬草は「」に食べられてしまう。

こんなお話。




粘土板に刻まれた世界最古のスポ根ということを記憶の片隅にどうぞ。

(あこぎな色付き太字でお送りしました)

今から4600年前の伝説。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック