コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

もう1つの闘い CS東京2012マスター決勝戦(非モニター戦)

東京、大阪、名古屋は代表枠が2つ存在する。
代表決定戦にはモニターに映る闘いと、陰に隠れてしまう闘いとがある。

CS2011のフェスタでも大観衆の中、
アキラ vs ティータイム(モニター戦)と
⑨ vs RENSUKE(非モニター戦)があったのだが、
ガルードで決着のついたモニター戦だけが目立ってしまったのは事実だ。

フェスタの時は客席よりも高台にあるステージでのバトルだったので、
非モニター戦は確認が難しい。

しかし、CS東京2012では客席と対戦エリアが
フラットだったので目撃が可能。

ここに、もう1つの決闘をここに記そう。


バトスピ覇王チャンピオンシップ
関東エリア大会
マスタークラス決勝戦(非モニターサイド)


kaadodehitoyasumi vs にゅ~トン

この闘いも両者がバーストをセットするだけの静かな立ち上がり。

「神奈川 vs 千葉」と思われる。
どちらに転んでも東京枠1つは関東が押えることとなる。
個人戦であるので、「どこ」が獲っていったということは
関心がなかったりするのですが、私はそこそこ重要なファクターと考える。

これまでの仙台と新潟のこともありますし。
さて、バトルの続きを。

kaadodehitoyasumi(以下、一休)の攻撃してきた《ゴクラクチョー》を
マッハジー》が叩き落とす。

直後、《双翼乱舞》で手札増強したにゅ~トンの《マッハジー》が
一休のライフを削るなりバースト発動。
氷の覇王ミブロック・バラガン》登場。

一休は空のバースト置き場を埋め、《珊瑚蟹シオマネキッド》を召喚。
バースト環境になり【装甲:赤】が珍重され、
緑での解答の1つであらせられる守護神《珊瑚蟹シオマネキッド》。
古いカードに再び脚光が浴びせられるのは環境の変化として、
カードゲーマーは歓迎すべき事象の1つ。

シオマネキッドのアタックで1点だけ攻めて、ターンを終える。

それからのにゅ~トンの動きが鈍りきっていた。
何もプレイしないターンもあり、小物を召喚してもバラガンに戻される。
やっとのこと《三札の術》を使った返しに相手がやりたいことをやってきた。

それまでにコアブーストを済ませていた一休が仕掛ける。
北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(緑)》召喚、随行、
マネキキャット》召喚、随行、
獅機龍神ストライクヴルム・レオ》降臨、満を持して。

もしもこれがモニター戦ならば、観客はどよめいていたでしょう。
想像の付く展開だとしても、大舞台でのそれは心の琴線を震わす。

北斗の攻撃はライフで受け、《サンク・シャイン》がバースト召喚される。
続けて噛みついてきたマネキレオににゅ~トンは《双光気弾》を放つ。
マネキキャット》を合体しているのでレオは緑扱い。
珊瑚蟹の恩恵で【装甲:赤】が付加されていたために気弾は鎮火。
絶甲氷盾》でこの場を終わらせる。

反撃したいにゅ~トンだが、頼りのマ・グーが出てこないせいか
攻撃できずに守勢へ。

そして、訪れる紙々の黄昏。

一休は2組目のマネキレオを降臨。
更にメインで《ウィッグバインド》。
ライフを無限に噛み千切れる盤面を敷いて、圧殺。

おめでとう、kaadodehitoyasumiさん。

以上、何もなければ、ライフでウケます。

情報を提供してくださった赤坂さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとうございます、この一戦の情報が全く見えなかったのでありがたいですね。
週末は、道中お気をつけて下さい。

No title

>ゆうきぱぱさん
安全第一で行って参ります。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。