コンテントヘッダー

ギラギラパラダイス

公式でレポートがあがったことですし、

CS大阪マスター決勝戦の様子は名前入りで記します。

敬称略をご了承ください。


高橋の『筋肉旋風』というの「2コスト黄色ビート」と

小池の『Fire Ball』という「赤速攻」の対決。


高橋が《夢中漂う桃幻郷》を貼り、小池が《ダブルドロー》で手札増強という流れで

対戦は始まった。


「イエローモンキー、カモン!」


高橋は《キカザール》《ミザール》《シーサーズ》を召喚。

それぞれが系統:「想獣」であるので、モリモリとドローを行う。

展開した上に、手札は減っていない。かなりのアドバンテージ。

フルアタックで小池はライフ2に追い込まれる。


小池は《リザドエッジ》《ブレイドラ》《オヴィラプト》《ユースエディア》を展開。

負けず劣らずの火の玉展開を魅せる。展開力ならば、『Fire Ball』の方が上だ。

常勝のパターンとして、先に攻撃をしたかったかもしれない。

薔薇色の日々は続くのか… 《オヴィラプト》からアタック。

このアタックはライフに通るが、「ライフが減らされたとき」で御馴染みの

猫娘アニー》が高橋の手札から飛び出てきた。

相手のブロッカーが増えてしまったので、小池は更なるアタックの継続を断念。


高橋は2体目の《ミザール》を喚ぶ。もちろん想獣ドローが発生。

星空の冠》を配置。

そして、攻撃が始まる。想獣大行進である。

フィールドには「猿、猿、猿、狗(獅子?)、猫」と可愛いものなのだが、

各自の効果はたいへん強力だ。

小池は《マッハジー》&《ソーンプリズン》で総攻撃を凌ぐ。

但し、手札が残り1枚というカツカツの状況に追い込まれる。


小池は相手の《星空の冠》を割りたいところであるが、有用な札がない。

(具体的には《ドラグサウルス》)

ライフを減らす度に、冠効果がはたらくので攻撃し難い。

待っていても敗北は目に見えているので、決死の火の玉総攻撃を開始。

火の玉は燃えている!ギラギラと燃えている。

だが、《サイレントウォール》で半端な形で攻撃が中断。


返しに高橋は《ハイドランディア》の召喚効果により、

トラッシュから2コスト群を黄泉還らせて、またもや想獣大行進。

その圧力の前に、『Fire Ball』は鎮火。

ギラギラする日を迎えたのは、高橋であった。


高橋氏、大阪チョウテンオウおめでとう!


もう1つの試合は、ほぼ見れなかったのでレポートはなしです。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック