コンテントヘッダー

CS大阪2011 スタンダード決勝2

CS大阪2011のスタンダード決勝戦のもう一方の試合は、

「黄色 vs 黄色」が睨み合っていたのでした。


現環境の黄色と言えば「ハンドタイフーン系」か「2コスト黄色ビート」。

「天霊」にボコボコにされたことも記憶に新しいですが、

見かける頻度が高いのは地域差もありましょうが上記の2つ。

最近、益々『奇色』になっています。


決勝戦での睨み合いは「2コスト黄色」同士。

互いに《星空の冠》が配置されているものの、

片方のフィールドはスピリットが枯渇していて、

片方は《天使クレイオ》《ミザール》が並んでいる。


「2コスト黄色」の同系戦というのは、お互いに決め手に欠けまして、

勝利のパターン(その1)

 初手に《星空の冠》《天使クレイオ》《キカザール》がある。

勝利のパターン(その2)

 守護神《ミザール》の召喚。

勝利のパターン(その3)

 程好いタイミングで《ウィッグバインド》1枚を握っている。


など、いつもの勝利パターンは通用し難い。

相手より多く「記述なしスピリット」をデッキに積んであるとか、

複数枚の《ウィッグバインド》を握りたいところだ。


さて、フィールドにスピリットのなかった少年(仮にU君)は《ハイドランディア》を召喚。

効果によりトラッシュから《キカザール》《キカザール》《森の妖精ペンタン》が黄泉還り。

この3体の選んだということは、この闘いに於いて、

天使クレイオ》《キカザール》を引いてないことを意味するのか?

それとも《バインディングソーン》警戒で《ミザール》2体と、

ウィッグバインド》警戒で《森の妖精ペンタン》1体のチョイスかは定かでない。


守勢に入って「ウィッグ待ち」かと思いきや、攻撃を開始。

U君の何かしらのスピリットでのアタックを対戦相手(仮にA君)は

ミザール》でブロック。

そのブロック時の効果で、フィールドの全2コストスピリットがズッコケタ。

ローヤルポーション》でフィールドの全2コストスピリットは起き上がった。

トライアングルトラップ》でU君のスピリットはズッコケタ。


これって…、新喜劇なのかな? 大阪だし。


勝利は疲労合戦を凌いだA君に輝いた。おめでとう!


以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

マジすか…

もう一方のバトルフィールドではそんな事が起こっていたとは。

これは名勝負ではないだろうか?

見ていた人も一緒にズッコケるしかないっしょ。

マジです

>さっつんの父さん

たいへん印象的な試合でしたよ~(笑)
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック