コンテントヘッダー

CS大阪2011 スタンダード決勝1

地震で延期となったCS大阪が3ヶ月の時を経て開催されました。


東京、名古屋と同様に代表枠はマスタークラス、

スタンダードクラス共に2名。


大阪スタンダードの決勝戦も子供ながらに猛者達がガラス台へと

昇っていたのであった。


モニターに映されたバトルの様子をお送りします。


まずはFくん。(公式で名前が解るかもしれませんが、ここではイニシャルで)

準決勝で実の兄であり前回の日本チョウテンオウを撃破しての決勝入り。

兄に続いて大阪チョウテンオウを目指す。


対するはSちゃん。

ギャラクシーさん曰く、「『バトスピやろうぜ』で私に勝った数少ない一人」。

(遠まわしにギャラクシーさんが強いことをアピールか!?)

おそらく初の女子チョウテンオウに輝けるか?


まずはSちゃんの《侵されざる聖域》でスタート。

Fくんは《ダンデラビット》でアタック。サラリとライフを1削る。

現環境のバトスピは、ここからがお互いに(言葉は悪いけど)致死圏。

しかし、ここでSちゃんはフィールドに出すものがなくエンド。

対してFくんは2体目の《ダンデラビット》を跳びはねさせる。

この序盤における2コアブーストはかなり強力。

まだまだアタックには至らず《バルカン・アームズ》を召還。

(《ダンデラビット》に【合体】。)

軽減シンボルが青2緑2ということで『月の咆哮』発売以降、

緑デッキでは重宝されているブレイヴカードである。

召喚効果でデッキから3枚引いて、2枚破棄。

落としたのは《アンフィスバエナー》と《トライアングルトラップ》。

相当な手札が揃っていることを意味する。

フルアタックでSちゃんのライフは1へ。

返しに《凶龍爆神ガンディノス》を何かしらを【合体】させたものの、

次のターンでは髪縛り大魔法《ウィッグバインド》を打たれ、

為す術もなくライフは散った。

Fくん、優勝おめでとう!


一方その頃、もう一つの卓では、これまた今まで少なかったけれども、

最近では珍しくはない「黄 vs 黄」が睨み合いを続けていたのであった。

つづく


以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック