コンテントヘッダー

CS仙台2011

CS仙台2011に行ってきました。

スタンダードクラスに比べてマスタークラスの参加者は質量がありまして、

やたら大人数に感じます。

写真は徐々に着席が始まった時間帯のものですが、

蛇行した待機列では収まりきらないプレーヤーがゲートの外に伸びています。

(画像が出ない方は、セキュリティを一旦解除して、更新してみてください)

仙台2

会場の仙台サンプラザホールには2階席・3階席がありまして、

文字通り高みの見物も可能です。

上着や荷物を置いておくにも便利です。


仙台3

ただし、置き引き・紛失の可能性があるので荷物番は必要ですね。

私と友人らは、まとめて荷物を置いてました。

しかし、荷物番が居眠りしてしまうので、

階下から定期的に見張る羽目に…貴重品は身から離さないでおこう。

財布、ケータイ、デッキ。デッキが一番高価だったりして。

また、2~3階はイベントスタッフの方やホールの警備員さんが

定期巡回されてまして、やや安全安心です。


せっかくなので、観戦記事でも載せましょう。


CS仙台2011・スタンダードクラスの代表決定戦。


会場内では実名で紹介されているのですが、

ここではとりあえずイニシャルトーク(死語かな?)でお送りします。


宮城県のK君 vs 青森県のO君


先攻はK君。《灼熱の谷》を貼ってエンド。


O君、《ブレイドラ》を召喚。

このまま赤の低コストスピリットを並べて、一気にライフを奪いに行くかと

思ったが、単騎でアタック。ライフを1削る。


K君、《灼熱の谷》の効果で2枚ドロー1枚棄て。

サイレントウォール》をトラッシュへ落とす。

何かしらのフラッシュマジックが手札にあるのか…

俊星流れるコロッセオ》《侵されざる聖域》を配置。

コアを全部使い切る思い切ったプレイング。

次の相手のターンに起こり得る可能性として、

北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(赤)》+《牙皇ケルベロード》の

4点パンチがある。

ただし、その場合の相手フィールドのコアはケルベ北斗上の1個のみ。

このコア使い切りのネクサス配置は

手札に《マッハジー》か《ミストカーテン》があるならば最善手であるが、

そうでなければ「冒険」を通り越した「無謀な賭け」に見える。

この「思い切り」もプレーヤーの強さの要因であるからして、

それに対してとやかく言うのは野暮かもしれない。


O君、メイン中に《ブレイヴドロー》を使用。

2ドロー後のオープン3枚の中に、

騎士王蛇ペンドラゴン》と《砲凰竜フェニック・キャノン》があった。

ネクサス破壊を狙ってか《砲凰竜フェニック・キャノン》を手札へ。

このターンも単騎《ブレイドラ》でアタック。

K君のリザーブとフィールドにコアはなく、当然ライフを削る。


さあ、K君の反撃が始まった。

灼熱の谷》効果で《星海獣シー・サー・ペンダー》を棄てる。

そして、《凶龍爆神ガンディノス》に《牙皇ケルベロード》を【合体】!

フィールドに残ったコアはケルベ付きガンディノス上の1個のみ。

ブレイドラ》の小さなアタックの為に、きっちり足りてしまった。

ファーストアタック及び【強襲:2】とケルベロードの効果で8ライフ削れる爆発力。

また《俊星流れるコロッセオ》でマジック使用に条件が掛かり、

侵されざる聖域》でケルベ付きガンディノスには【装甲:たくさん】。

マッハジー》1枚では凌ぎきれずにO君のライフはガンディノスに踏み荒らされた。


宮城県のK君、仙台代表おめでとう!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック