コンテントヘッダー

CS札幌2012 スタンダード決勝続き

CS札幌2012 スタンダード決勝戦の続き

「紫 vs 紫」かと思われたが、異なる展開を見せる。

アゴウのフィールド
 《血塗られた魔具
 《ボアトリクター

ナガオカのフィールド
 《骸の斜塔


ナガオカは
 《エゾノ・アウル
 《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(赤)》からの
 随行《コテツ・ティーガー
 《剣馬グラニム
と繰り出すものの、相手の《血塗られた魔具》で攻撃できないターンの後に
騎士王蛇ペンドラゴン》でコアを散らかされたり、攻めても不死軍団に阻まれるやら、
デッドリィバランス》で出鼻を挫かれるやらでライフ4はピクリとも変動せず。

それにしても多彩な混色に驚かされた。

アゴウは《ボアトリクター》をBP比べによる破壊に導きドローを進め、
ストロングドロー》で墓地を肥やす。
闇騎士アグラヴェイン》と《鉄の覇王サイゴード・ゴレム》がトラッシュへ。

さて、機が熟した。
血塗られた魔具》の効果を活用した不死コンボを開始。

血塗られた魔具
Lv1・Lv2『お互いのアタックステップ』
コアが2個以下しか置かれていないスピリットがアタックしたとき、
そのスピリットを破壊する。

コンボ開始
ジャイナガン(系統「妖蛇・星魂」》のアタックと魔具による破壊。
 ↓
【不死:妖蛇】で《闇騎士アグラヴェイン》の黄泉返り。
および不死召喚時の効果で《鉄の覇王サイゴード・ゴレム》も黄泉返り。
 ↓
闇騎士アグラヴェイン》がアタック。魔具による破壊で再度墓地入り。
 ↓
鉄の覇王サイゴード・ゴレム》のアタック。
【大粉砕】で相手デッキを5枚削って、魔具による破壊で再度墓地入り。
 ↓
【不死:コスト7/8】の《ジャイナガン》が黄泉返り。
 ↓
に戻る。

コアを消費するために無限ループとは行かないが、相手デッキを5枚ずつ削りゆく。
途中に《烈の覇王セイリュービ》をフラッシュで挟めば、使用できるコアが回復し、
不死コンボは長持ちする。
デッキを30枚ほど削る目標ならば、無限でなくとも良いのであった。

アゴウは相手のデッキが15枚以下であることを確認してから、
鉄の覇王サイゴード・ゴレム》にコア集中でLv3へ。

  【大粉砕】 15枚! 

かくしてアゴウ君は北の大地を制したのであった。
おめでとうございます。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今日も明日もKFC

決勝戦の途中ですが、ボンバー氏の足跡が新たにまた1つ。

ボンバーぶらり旅 ケンタッキーへ急げ編

その後の展開からも察せられますが、KFC浅草店ですね。
(抹茶のソフトクリームでピ~ンときます)

我々、ボンバー勢からしますと、ボンバー氏の訪ねた所はすべからく聖地でありまして、
KFCしかり、ポプラしかり、ヤマシロヤしかり、上野公園しかり、
いずれは巡礼する必要が出てくるのではないかと考えていたりいなかったり。

《チキンフィレサンドナイト》は頭がバーガーでして、
こんな生命体を創造できるのは神懸かりパン職人のジャ〇おじさんか、
ベーダー一族しかできませんね。
(デンジマンに《ハンバラー》という怪人がおったのです)

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

それは民事不介入に似て

矛盾なのか、私の読解力が乏しいのか…

まず改めて今一度、『銀河系☆コラム』をお読み頂きたい。

銀河系☆コラム バトスピの大会中のジャッジについて

例の「ルナティックシール回収事件」を踏まえてのコラムであります。


そして、CS札幌2012 スタンダードクラス決勝戦の続き。

5ターン目の盤面はこんな感じです。(いろいろ簡略で)

札幌盤面


骸の斜塔》と《エゾノ・アウル》に載っていたコア配分は不明。
そして行われた処理は下記の通り。

********

①《闇騎士フローレンス》がアタック。
 ↓
②相手スピリットのアタックをトリガーに《エゾノ・アウル》が回復。
 ↓
③ターンプレーヤー(アタックした方)、《デッドリィバランス》を使用。
 《闇騎士フローレンス》と《エゾノ・アウル》が破壊。
 ↓
④【不死】の効果で《ボアトリクター》がトラッシュから召喚。

結果、このターン、《ボアトリクター》は残ったまま終了。

********

闇騎士フローレンス》に載ったコアが2個のままであれば、
③のフラッシュタイミング以前に①のアタック宣言時にフローレンスは
血塗られた魔具》の効果で破壊されます。
ここで【不死】発動の《ボアトリクター》召喚。
その後、《デッドリィバランス》使用ならば、
ボアトリクター》はフィールドに残ること能わず。

別パターンとして、
闇騎士フローレンス》に3コア以上載せるために追加したならば、
①のアタック宣言以前に《骸の斜塔》の効果で疲労してしまうので
アタックできず。【不死】どころではなく、
ボアトリクター》はフィールドに残ること能わず。


地区代表決定トーナメント準決勝戦まではジャッジがプレイミスを
指摘することはない。


と、コラムにはありましたが、

地区代表決定トーナメント決勝戦ではジャッジがプレイミスを指摘する。

との文言は一切なし。てっきり正しい処理を指摘するものかと思っておりました。
決勝戦でもプレーヤーの申告なしではジャッジは介入しない規定があるかもしれない。

それはそれで良いと考えています。
(ジャッジの介入指針とか知りたいものです)

処理ミスを両プレーヤーも複数いるジャッジも気付かない場合もありましょう。

それもそれで良いと考えています。気付かないことだってありましょう。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CS札幌2012 スタンダード決勝戦

もうかれこれ2週間が経ちますが…

バトスピ覇王チャンピオンシップ
北海道エリア大会
スタンダードクラス 決勝戦 (至 2012年4月8日)

敬称略で。

アゴウ vs ナガオカ

アゴウは《闇騎士フローレンス》を、ナガオカは《骸の斜塔》を
フィールドに見せての闘いの始まり。

「紫 vs 紫」に1人の観客として心弾む。
これまでの決勝、ループ、マ・グー、ガルード&オライオン、緑…
これらとはまた違った趣向のバトルが拝める機会はありがたい。
スタンダードクラスにしていぶし銀な紫というチョイスも喜ばしい事象である。
(それにしてもバトスピはどの属性のデッキにもチャンスがあって良いゲームと思う)

アゴウは《闇騎士フローレンス》に1コア乗せる。《骸の斜塔》の効果で闇騎士は疲労。
コアを載せただけで疲労とは…
紫なのにまったくもってブルーなシャトウだ。

アゴウは《ストロングドロー》で手札の入れ替え。
いやこの場合、「墓地を肥やす」といったアクションである。
ボアトリクター》と《龍の覇皇ジーク・ヤマト・フリード》をトラッシュへ。

ナガオカは《エゾノ・アウル》を召喚。
!!! 紫ではないのか? デッキ傾向が読めず、動揺した。
それでも北の大地に於けるチャンピオンシップで《エゾノ・アウル》を
活躍させるとは意味深である。1ホッカイポイントを与えたい。
アタックして、相手ライフを4とする。

この次のターン、問題を抱えている。
モニターを見ながらのメモを書き起こしているわけで、
記録若しくは記憶が間違っている場合もあるし、私の目が節穴ということもある。
冷静に読んで欲しい。
(このブログが嘘八百で塗り固められているということにして、眉唾で続きをどうぞ)

アゴウ、《血塗られた魔具》を配置。
ここまでは問題ない。

アゴウ、《闇騎士フローレンス》がアタック。
 ↓
相手スピリットのアタックをトリガーに《エゾノ・アウル》が回復。
 ↓
アゴウ、《デッドリィバランス》を使用。
闇騎士フローレンス》と《エゾノ・アウル》が破壊。
 ↓
【不死】の効果で《ボアトリクター》がトラッシュから召喚。

結果、このターン、《ボアトリクター》は残ったまま終了。
何とも違和感が…

映像確認したいところですね。

続きはまた今度。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

サッポロキコウ

CS札幌2012の最中、MCのお兄さんが
「ボンバーぶらり旅」を「ボンバーひとり旅」と言い間違えたことに対し、
我らがボンバー氏、苦笑しながら曰く、
「ぶらり旅ですよ。ひとり旅じゃ淋しいじゃないですか。
 カメラマンもいるし、独りではありません」
といった内容のフリートークをしていらっしゃいました。

CS札幌の前日、朝9時に札幌の地を踏んだ私は夜7時のSBまで
ひとり旅をヨギナクサレた。

良さ気なラーメン店を駅の観光案内で調べたものの、大抵が夕方開店。
早い店でも昼開店。
限りなく暇なので、散歩ステップに突入。

札幌駅から繁華街(すすきの)方面へ徒歩る。
昔々、とある歌に
♪今日はヨシワラ ホリノウチ
 ナカス ススキノ ニューヨーク
 強気を助け 弱きをにくむ♪
という歌詞がありまして一度は踏襲しておかねばならぬと謎の使命感が働く。

途中にテレビ塔様がおわしたので記念撮影。

札幌01

ちなみにこの達磨は「勝達磨」という勝運を上げる達磨。
この前のCS福岡へ行く道中に大阪で入手しました。
これはまた別のエピソードで。
空港のセキュリティを余裕通過できたので、達磨は危険物でないことは実証済み。

テレビ塔の辺りで雪がワッサワッサと降ってくる。
見渡せば周囲に人がいない。
そういえば駅からテレビ塔まで人影まばらである。
出無精の国かと疑ったが、実はすばらしい地下道・地下街が存在し、
皆様そちらを歩いていた模様。
その地下道でバトスピの野試合をなさっていた方もいたとか。

札幌02

貸自転車がありました。初めて見るシステム。
使用したいものの手続きがややこしく
パッセンジャー用ではないので誰向けのサービスかは不明。
道も凍ってますし、自転車の季節ではありませんね。

昼ラーメンにありついて、札幌のカードショップを覗いても、
まだ時間が有り余る。

見晴らしの良い山や、有名な動物園、もはや有名なのか疑問なクラーク像、
スポットは数々ありましょう。
で、私が足を運んだのはこちら。

札幌03


JR銭函駅。
あとちょっと行けば小樽にも関わらず、途中下車の銭函駅へ。
その昔、ニシン漁で栄え、家々の前には銭函が積まれたことからの地名と聞く。
銭ゲバとしては、外せないマストスポット。
降りてみるに何もなく、少し歩けば石狩湾に臨めたのですが、
雪が尋常なく降ってまして断念。
4月の雪は帝都から来たもやし人間を退却させるには充分であった。
雪降る石狩湾を見なかったことは大きな損失だったのではないかと今に想う。
「兄さん、死んでくれてありがとう」的にも、
『石狩挽歌』的にも。

時を同じくして新潟でも4月の雪はあったそうで、
日本の雪国ではデフォルトの基本天候ということで勉強になる。

4月の雪 → 当たり前
八日目の蝉 → レアな生き様
2日目のカレー → 美味しくなっている

これだけは忘れないでおこう。テストに出るし。

銭函の実物らしい箱もありました。

札幌04

駅の改札の建物内で人々は電車を待つためにホームに人影はなし。
そんなホームで独り黙々と達磨を置いては写真を撮る独り旅。

この後、発寒(はっさむ)なる土地のショップバトルへ出て仲間と合流。
独り旅は終わる。

紀行と申すか、気候と申すか、奇行と申すか…

やっとこさエントリーしたCS前日の過ごし方としては100点満点ですわな(笑)

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CS札幌2012 マスター決勝

このコンボを目撃したことのあるバトスピファンは少ないのではないだろうか…

バトスピ覇王チャンピオンシップ
北海道エリア大会
マスタークラス 決勝戦
 (至 2012年4月8日)

敬称略で。

鷹 vs ケロック

先攻、鷹は《剣の誕生地》を配置の穏やかなスタートを切る。

このネクサス、「マルスの足場」という認識があるのだが、
今戦ばかりは異なる働きをする。

ケロックは《一角魚モノケロック》を繰り出してのノータイムでアタック。
ライフに届く。

CSでの決勝トーナメントは次に戦う相手の様子が隣で見ることができる。
準決勝で長引いていた隣の試合を知っているケロックは
コンボ成立前に攻め立てるしかない。

剣の誕生地》をLv2へ。

剣の誕生地
Lv2『自分のメインステップ』
ブレイヴが召喚されたとき、自分はデッキから1枚ドローする。


からくり犬シバ》を召喚すると、1コアブースト&1ドローとなる。
マルスではなく、ブレイヴ召喚を活かす作戦ということだ。
ブレイヴサポート《炎の楽園》を貼り、ターンエンド。

炎の楽園
Lv1・Lv2
自分の手札にあるブレイヴカードすべてに軽減シンボルを与える。


ケロックは2体目の《一角魚モノケロック》をフィールドに爆釣!
自身の魂スピリットで果敢に攻撃。既に相手ライフは2である。

早い。このまま終わらせてくれるのだろうか。

鷹は《動かざる山の本陣》を構える。

動かざる山の本陣
Lv1・Lv2『自分のメインステップ』
自分のスピリット状態のブレイヴが召喚されたとき、
ボイドからコア1個を自分のリザーブに置く。


これにより、今後ブレイヴを召喚する度に1コアブースト&1ドローシステムとなる。

キーカード《レチクル・アームズ》が出るなりシステムは働く。
ケロックのデッキは3枚削られる。
トラッシュに落ちた札に《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(緑)》がある。
ケロックのデッキは北斗・蟹・ミストに《シユウ》を付けて攻めきりたいタイプ。

攻めるしかないケロックは既出の《一角魚モノケロック》のレベルを上げての攻撃。
これは《レチクル・アームズ》に阻まれた上にフラッシュ《絶甲氷盾》で攻撃終了。

ブレイヴ使いの鷹、《神聖鳥サンダ・バード》で《絶甲氷盾》をレスキュー。
この召喚にも先程のシステムは稼動し続けている。このアド差は大きい。

ケロック、攻め切りたい。相手が《絶甲氷盾》を持っていることは判っている。
フィニッシャーとなる《ワルキューレ・ミスト》Lv2が出動。
これに《シユウ》が付けばゲームエンドの可能性がある。
スピリット状態のブレイヴは総じてLv1だ。

しかし、《シユウ》は付かず攻撃するのみ。
当然のように《からくり犬シバ》がブロック後に《絶甲氷盾》の流れ。

ブレイヴ使いの鷹、《ブレイヴドロー》をメイン使用。
それからブレイヴを連投する。
からくり犬シバ
騎士王蛇ペンドラゴン
剣の誕生地》 2枚目。
鎧馬アルファズル
騎士王蛇ペンドラゴン》 2体目。

モノケ、モノケ、ミストと場持ちの良さそうなスピリットで固めていた
ケロックのフィールドは一旦更地となり、ターンが返ってきた。

シユウ》が来たようだ。
しかし、ケロックの使えるコアは9。
ミスト+シユウには10コア必要。
ここに来て、妖怪《1コア足りない》がガラス台に現れたようだ。
北斗でも居れば踏み倒して召喚できるのだが、そこまで揃ってはいない。

ワルキューレ・ミスト》に4コア乗せでエンド。

ブレイヴ使いの鷹、満を持してのループ開始。ここから先はカードを羅列で。
 《剣の誕生地》3筆目。
 《レチクル・アームズ
 《動かざる山の本陣》2筆目。
 《鎧馬アルファズル
 《鉄騎皇イグドラシル》 でBP3000以下は手札へ戻る。
★《からくり犬シバ
 《動かざる山の本陣》3筆目。
 《騎士王蛇ペンドラゴン
 《レチクル・アームズ
 《ヘル・ブリンディ》 でイグドラシルが手札に。
 《ヤシウム》 で《レチクル・アームズ》回収。
 《レチクル・アームズ
 《鉄騎皇イグドラシル》 でBP3000以下は手札へ戻る。★へ戻る。

と、このゲームは合計11レチクルにて鷹の勝利。

鷹さん、おめでとうございます。

このゲームの最中、ギャラクシーさんがMCしても差し支えない盤面まで来ると
アナウンスしてくれたのだが、レクチル・アームズと連呼していたことが
サッポロメモリアルとしてしばし忘れられないこととなった。御茶目だぜ!

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

本日締め切り最強パック

最強ジャンプ2012年4月号の『バトスピ最強限定パック』の
応募締め切りが

**** 2012年4月3日(火)当日消印有効 **** です。

バトスピプレーヤーは奮って御応募を~

「消印有効」だから昼までにはポストへ投函か、
遅くなるなら郵便局に直接持ち込むかが無難でしょうね。

最強ジャンプの連載マンガ『激辛!カレー王子』は毎度ツボに入ります。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック