コンテントヘッダー

シードリーグについて私が知っている二、三の事柄

バトスピ覇王CSで導入されているシードリーグトーナメントのお話。

通常のガンスリと異なり初期卓狙いで朝早くから並ぶ必要がなく、
集合時間の9:10に居れば良いので身体に優しい。

ただ、シードリーガーというモチベーションの高めのプレーヤーなので、
大抵の方々が早朝から会場でワイワイ盛り上がっています(笑)。

受付が済むと参加者の証としてリストバンドを巻かれます。
これで双子といえども替玉は不可能。
参加デッキは変更できません。
リストを提出するわけでもなく、チェック機構もないので、
ルールの遵守はプレーヤーのモラルに掛かっています。

対戦の組み合わせはコンピューターが決定。
(こういったシステムがあるならば、
 CSそのものをスイスドローに出来そうなものなのに…)

CS広島での参加者数はスタンダードで22人、マスタークラスで34人。
エリア代表への決勝トーナメント枠は1つ。
22人と34人のシングル・エリミネーション(1度負けたら脱落)。
これを突破するにはスタンダードクラスで5連勝、
マスタークラスでは6連勝が必要です(不戦勝含めて)。

CS東京ではどうだったのかと言うと、
スタンダードが28人、マスタークラスが70人。
参加者数だけなら広島よりも多いですが、決勝への枠数が異なり、その数は4。

参加者は枠の数だけのブロックに区分けされます。
マスタークラスなら18・18・18・16人のシングル・エリミネーション。
16人のブロックならば、4連勝で決勝トーナメント進出となる。

CS東京のスタンダードの人数配分は確認できませんでしたが、
推察するに8・8・6・6。
3回勝てば、予選抜け。不戦勝を踏めば、たった2回勝つだけで良い。
また不戦勝中の情報アドバンテージは多大と思われる。

今後エントリーするならば、決勝への枠が1つしかないエリアよりも、
3枠が用意されている名古屋・大阪がブロックの山が自ずと小さくなり、
より少ない勝利数で突破が可能と考えられます。

会場の面積からしてシードリーグに割り振れる卓数は、
プレーヤー人口に関係なく限定されてしまうことでしょう。

公式上に配布されたシードリーグ券は876枚(両クラス合計)。
広島と東京で少なくとも154枚は消費済み。
(現ヒロシマチョウテンオウがCS東京で登録していれば、
 155枚が消費されているかもしれない。
 また、シードリーグに応募したが抽選漏れした場合があるなら、
 消費枚数は主催サイドのみぞ知る。)

3月の新潟・福岡での消費枚数が判明してくると、
残りの枚数と応募可能なエリア選択が一種のゲームのようで面白い。

小学6年生の3月中の駆け込み需要があるならば、
スタンダードの4月以降は人数が減るかもしれない。

こんな皮算用をするよりも、しっかりしたデッキを組んで、
数多く廻す方が勝利への近道だと叱られそうですね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CS東京2012 マスター決勝

ズゴックン「バーストセット、ターンエンド」
イタル「バーストセット、ターンエンド」

その後2ターンは両者何をもプレイせず、
寒風吹き荒ぶフィールドには緊張感だけが漂っていた。

2012年2月26日
バトスピ覇王チャンピオンシップ
関東エリア大会
マスタークラス 決勝戦


俗に言う、CS東京である。(会場は千葉の幕張なのに…)

ズゴックンはCS2010MAX代表の1人であり、
中~大規模の非公認大会でも好成績を収める猛者。
ステキメガネがキラりと輝る。

イタルは予選通過ゾーン(8勝卓とか7勝卓とか呼ばれる関門)で
あのアハト師を【大粉砕】してガラス台へと昇ってきた。
その対戦ではゲーム序盤の《ヤミヤンマ》の召喚効果に対して
バースト《鉄の覇王サイゴード・ゴレム》を発動し召喚成功させた勇者。
「ぼっけもん」と褒めたいところであるが、千葉のプレーヤーと聞く。

ズゴックンは《ダンデラビット》、《バルカン・アームズ》と展開。

イタルは《焔竜魔皇マ・グー》を召喚。

颶風高原》、《バルカン・アームズ》と順調に場と手札を整えたズゴックンだが、
返しにイタルは《焔竜魔皇マ・グー》2体目を現わし、
双光気弾》で危険な《颶風高原》を割る。
ゴラン高原とどちらが危険か甲乙付け難い高原である。

「ジャコビーノ男爵のテリトリー」とフレーバーテキストにはあり、
こっそり男爵はイラスト内にいらっしゃいますが、
もはやこの高原は《鳥獣烈神ガルード》のものと言えよう。
【暴風:5】というのはまったくふざけた数字だと男爵はお怒りでしょうに。

2体のマ・グーを前に守りを固めたいズゴックンは《ダンデラビット》で
コアを増やし《ストロングドロー》で手札を入れ替える。

イタルの焔竜魔皇が動き出す。
獣装甲メガバイソン》を背負っての4点パンチやら3点パンチやら。
1つでもライフを失えば、敗北圏内。兎を犠牲にしてライフを守る。

ここでズゴックンの真打《巨人猟兵オライオン》が働いて相手デッキを12枚狩る。
イタルのトラッシュに《ウィッグバインド》が落ちた。
勝ち筋の1つが失われ、痛恨の一撃と思われる。

毛がなくともトリプルシンボルとクアドラプルシンボルが健在であれば、
圧力を掛ければ良いイタルは再び波状攻撃を仕掛ける。
この攻撃をズゴックンは《ブリザードウォール》で凌いだ。
ただし、ライフは1減っている。

返しに2体目の《巨人猟兵オライオン》が御登場。飛ぶ12枚。
イタルに残されたデッキ枚数は6枚だっただろうか。
まだ、あのカードは落ちていない。

デッキ枚数からしてイタルに残された時間は少ない。
自ら《双翼乱舞》で掘り進む。そう、欲しいのはあのカード。
インビジブルクローク》である。

しかし、目当ては引けずにイタルは《ダンデラビット》でコアブースト。
ここでズゴックンの《鉄の覇王サイゴード・ゴレム》発動。
インビジブルクローク》が落ちた。
且つ落ちた中にバーストも含まれていて穏健派は戦列へ。

おそらく残りデッキ1枚のイタル、攻めのみが我が活路。
ストームアタック》を絡めた3度目の波状攻撃に移るが、
ブロックされつつ《絶甲氷盾》でターンが終わる。

ライフを守りきったズゴックンが【大粉砕】を決めて勝利。

後のインタビューで勝者ズゴックンはこの日お誕生日とのこと。
ダブルにおめでとうございます。

「226じけん」はこうして幕を閉じた。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

226(フジロック)

いよいよ近付いてきました、2月26日。


東京マラソンの開催日。

興味のない人は全く知らないことと思いますが、
マラソンのコースが東京に×(バッテン)を付けるルートなのです。

実はこのマラソンは「鎮魂の儀式」でして、
行脚する参加者3万人は知らずに走っていらっしゃいます。

東京オリンピック誘致の一策だというのはカモフラージュなのではないかと…

で、交通規制も長時間に渡りますので、
自動車で幕張に行く方々は御注意を!
早朝に来て夕方に離脱ならば、時間的に問題ないとは思いますけれど一応。


2月26日というのは毎年「二二六事件」のイベントで忙しいのですが、
今年ばかりはボンバープレイシートの為にイベント断念。

前回のMAXの時はボンバーフェイスをプリントして、
折れたり汚れたりしないようにカードの入ったスリーブに入れて持参しました。

中にはバッジ、団扇、刺青のボンバー勢がいらっしゃいまして、
私も頑張らねばと考えたものです。

今回、ボンバーフェイスを何に付けていけば良いものだろうか…
デッキの選択以上に私を悩ませる課題です。
ハチマキか、ロンTの袖に連ボンバーか、実用的にデッキケースか。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

珠玉の一品

ボンバーのプレイシート…これは良い!

ボンバーぶらり旅 爆裂のボンバースト編

このプレイシート、ボンバーの画が相手に向くところがポイントですね。

ボンバー勢としてはマストアイテムなので、

初期卓を狙うよりもピリピリして2月26日を迎えそうです。

ショップバトルで使う用、観賞用、保存用、永久保存用で1人あたり4枚は必要として、

東京CSにわんさか人が来て、おおよそ3万人。

ボンバー氏も12万枚準備するのは、たいへんですなぁ。


えぇっと、またもや駒形1丁目内で事が済まされているような気が…

彼こそが「駒形1丁目の覇皇」なのではなかろうか。

逆に考えると、都会での「焼き芋の行商」が絶滅危惧種ということかもしれない。

台東区近辺だと「大学堂」が歌を流しながら行商しているくらいで(下町ローカル情報)、

ホットドックでは放屁には繋がるまい。

捕えられないですよ、焼き芋屋さん。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

koma-Gatta One

何度観ても良いものですね、『君は軽減シンボル』。

もう6~7回は視聴してしまいました。

改めて歌詞を掲載。



『君は軽減シンボル』

バトルが強くなくても いいじゃないか

流した涙が いつかコアの輝きとなる

悲しい時も バトスピがあればいい

君は僕の魂(こころ)の軽減シンボル



語数は基本的に和調の「8・7・5」に揃え、

「ネガティブからポジティブ」の内容の繰り返し。

実に前向きで接しやすい!

各チャンピオンシップのゲートオープン界放前に、全参加者で起立・斉唱を希望です。


そして動画を何度も目を凝らして観た結果、

浅草ぶらり編でボンバーが最後にバトスピの自販機を廻しているポプラの住所が

「駒形1-6」であることが電柱の表示から判明。

科捜研レベルに脳内解像度を上げました(へぃ、結局アナログです)。

パンして(カメラワーク用語か映画研究会用語)一瞬、交差点名の標識が映るのですが、

加工されているのか読めませんでした。



このポプラ、ある有名玩具メーカーからの最寄コンビニでして…

全てを語らずとも判ってもらえますよね。

(判らない時は、バトスピ商品の裏などに載っている住所を見てみよう!)


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CM風

『ボンバーぶらり旅』が動画です。

浅草をぶらり編 を観てもらった前提で続き。

『君は軽減シンボル』
バトルが強くなくても いいじゃないか
流した涙が いつかコアの輝きとなる
悲しい時も バトスピがあればいい
君は僕の魂(こころ)のシンボル


CMソング風だからでしょうか、心に染み入る唄でした。

『ちょっとうれしいカローラ』とか、昔の丸大ウィンナーの歌の様でもあり、
平田隆夫とセルスターズの『悪魔がにくい』にも通ずるものがあり、
懐かしい何かに思えるけれどハッキリしないのがもどかしいところです。

覇王CSでみんなで歌いたい曲となりますように。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック