コンテントヘッダー

造兵局

サイドボード有りのバトスピ非公認大会に参加してきました。

その大会で使用したデッキです。

結果が出たわけでもなく、勝つゲームもうっかり感が否めないので
掲載するほどでもないのですけど一筆啓上。


デッキ名 : 独立行政法人造兵局
環境 : 2012年1月(覇王編2弾「黄金の大地」、プロモパックvol.2後)

3 青玉の巨大迷宮
3 海底に眠りし古代都市
1 巨人の足跡湖
1 最後の優勝旗
1 青嵐の虚空
1 侵されざる聖域

3 天秤造神リブラ・ゴレム
2 鉄の覇王サイゴード・ゴレム
1 神造巨兵オリハルコン・ゴレム
3 鼬の暗殺者ウィゼーブ
1 ディープフィッシャー
3 ティンダロ・ハウンド
2 龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード

2 マジックランプ
3 ストロングドロー
2 雷神轟招来
2 覇王爆炎撃
2 双光気弾
2 双翼乱舞
2 絶甲氷盾

サイドボード(マッチ戦の2、3戦目で入れ替えできるカード群)

3 凶龍爆神ガンディノス
1 牙皇ケルベロード
2 獣装甲メガバイソン
1 ディープフィッシャー
1 異海獣クトゥルム
2 鳳翼の聖剣


コンセプトは(←何を偉そうに!)

スピリットの召喚時効果を使わない。
リブラかサイゴードを早めに召喚して【粉砕】【大粉砕】。


まずフィールドに揃えたいのは青のシンボル4つとコア8個。
ツートップ(野田総理&岡田副総理リブラとサイゴード)は両者8コスト4軽減。
召喚に4コア払って、造兵に4コア載せて一か八かで攻めに行きます。
最近はブレイヴが減ったので、リブラの成功率も上がり気味です。

海底に眠りし古代都市》が頼もしいです。
「異合」の召喚時に1コアブースト。Lv2にすると「異合」に常時シンボルを追加。
フィールドの青シンボル4つが確保しやすくなります。
逆切れダブルシンボルビートダウンに切り替えるパターンもあったり。

海底に眠りし古代都市》を配置すると、
手札から《ティンダロ・ハウンド》が無料召喚。で、1コアブースト。

やら

ネクサスが割られてしまっても、《ディープフィッシャー》召喚。
効果でトラッシュから古代都市を無料配置してからのハウンド無料召喚。1コア増える。
リカバリー可能でフィールド4シンボルは何とかなりそう。

「颶風ガルード」で良かったりして…

大会当日は「あんまり強くないデッキ」とか「面白くて変なデッキ」と
お褒めの言葉を多数頂きました。

詰めの甘いデッキなのでそのままでの使用はお勧めできないで、
興味のある方は《マジックランプ》を全抜きするところから始めてください(笑)

「異合」を増やすと良さそうです。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

プログラムブレイカー

昨日(2012年1月11日付け)のバトスピラジオは聞いていて、
たいへんハラハラドキドキする内容でした。

番組の予定調和として、

オープニングトーク
 ↓
イラストコーナー
 ↓
叫べ必殺カード
 ↓
バトスピの対戦
 ↓
エンディング

の流れで1時間はいっぱいいっぱい。

しかし、今回は異質な雰囲気が漂う。
ゲストの楠大典さん(陽昇マヒル役)が静かに暴走していたのだ。

ゲームとしてのバトスピをそれほど嗜んでいるわけでもなさそうな上、
本番中にテーブルのコアで遊びだすやんちゃ振りを発揮。
また、ところどころでボケを放ります。

それをスルーしたり拾いつつ掘り下げずに嗜めるMCスワベの奮闘が
2012年1月分の見どころです。

生放送なだけに手に汗握る放送。
両者の頑張っている姿は素晴らしいですね。

袖パーツのないギャラクシーさんもエンディングに合流。
レアスタイルです。
あの袖、ハズれるなら夏のMAXの時はクールビズで臨んでもよかったのに。
(覇王CSでは新衣裳かなぁ?)

リピート(再放送)があるので、興味のある方は「超A&G+」で御調査を。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

時間ですよ

間もなくバトスピラジオの時間ですね。

バトスピの1つの話題としては、押さえておきたい番組です。

御用とお急ぎでない方は是非視聴を。

こういう内容が「ブログ向きでない」「ツイッター向き」の記事なのでしょうね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ピ~ンと来ない御高説

前回の記事の数字を元に、シードリーグ権を各CSに単純に振り分けてみました。

 9  札幌   13
28  仙台   48
86  東京  134
14  新潟   17
64  名古屋  87
68  大阪   87
32  広島   43
24  愛媛   29
34  福岡   46
 6  沖縄    7

シードリーグトーナメントの参加者数の参考になるでしょうか?

シードリーグ権自体に登録するまではスタンダードとマスターの区別はないのですが、
「マスターで獲得したけれど、スタンダード登録」と
「スタンダードで獲得したけれど、マスター登録」がほぼ同数いるならば
上記の各CSの参加者数も実際の数に遠くはないかと仮定。

また、「東京でガンスリ、仙台でトーナメント」と
「仙台でガンスリ、東京でトーナメント」というプレーヤーがいれば相殺されますし。

シードリーグトーナメントに予選突破枠がどれだけ割かれるかは公表されていませんが、
参加者が少ない開催地に予選突破のチャンスがあるわけでして、
それを考えますと札幌と沖縄が狙い目。

もちろん現地の猛者が待ち構えているので一筋縄には行きません。
それでも「3連勝 or 4連勝で予選抜け」はお得でしょう。

仮にCS東京のシートリーグ参加者が128人で地方決勝への枠が4つの場合、
32人のトーナメントが4つ作られます。
突破には5連勝が必要でして、ハードルが上がりますね。

チョウテンオウ枠の振り分けが発表されていない時点で
これらについて論じることが獲らぬ狸の描いた餅(笑)

まだ、お餅の話を続けましょうか。

今期CSが「フェスタなしMAXあり」だと東京代表枠は予想で3。
正規ハイランカーが24人排出となれば、その内25%をシードリーグ枠として6つ。
たくさん応募が来て144人参加だと24人トーナメントが6つ。
やっぱり5連勝必須。


(追記)
各CSの振り分けがありました↓

各会場のガンスリ枠とシードリーグ枠

横線だらけで見苦しくてスイマセン。
(追記終わり)

24人トーナメントは「シードリーグ内シード」がありますね(笑)
これなら4連勝で可。
組み合わせのくじ運重要。

凄く強いプレーヤーがいらっしゃるのですが、
くじ運だけは最悪という方は今の内に厄払いを。

初戦が身内」の常連とか。

時期も時期ですし、おみくじで御試しがよろしいかと。

「初手がフルハウス」の方はおみくじ5枚でチャレンジ!
おみくじすらフルハウスならば、ポーカー界へ転職がお勧めです。

と長々と論じてみましたが、なんとなく声が聞こえます。

「御託は要らぬ、勝てば良い」 と。

ごもっとも。

CS広島への応募締切は1月13日(の金曜日)。
参戦予定の方はお忘れなく。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

HL決勝、お疲れ様でした

立て長の記事でスイマセン。

 9  北海道 13

 8  青森  10
 3  岩手  10
 5  秋田   8
 5  宮城   7
 2  山形   5
 5  福島   8

16 23区内 30
 6 23区外 14
11  神奈川 12
16  埼玉  20
13  千葉  21
 4  茨城   4
 1  栃木   3
 5  群馬  11
11  長野  16
 3  山梨   3

 7  新潟   9
 1  富山   2
 5  石川   5
 1  福井   1

10  岐阜  11
15  静岡  18
31  愛知  47
 8  三重  11

 4  滋賀   4
10  京都  13
30  大阪  37
14  兵庫  22
 4  奈良   3
 6  和歌山  8

 2  鳥取   3
 0  島根   0
 9  岡山  12
14  広島  21
 7  山口   7

11  徳島  13
 3  香川   6
10  愛媛  10
 0  高知   0

16  福岡  20
 1  佐賀   2
 2  長崎   2
 5  熊本   5
 6  大分  10
 0  宮崎   2
 4  鹿児島  5

 6  沖縄   7

「ハイランカーシードリーグ出場権」の都道府県別配布数です。
緑がスタンダードクラスで、青がマスタークラスの数。

ほとんどの地域でマスタークラスの配布数(大会数)が多く、
全国総数で見てもスタンダード365枚、マスター521枚と差が大きい。

マスタークラスは511枚でした。(訂正:2012年1月5日)

人口比率で考えると東京はやや少ない感は否めず、
逆に愛知県の突出した数字に驚かされます。

もしかしたら、他のカードゲームでも同じように愛知県の愛札精神が高いなら…

昔々(今もあるのか?)、サッカーの盛んな地域を指して「日本のブラジル」と
言われたり名乗ったりする県がありまして、それは静岡だったり埼玉だったりしました。
時には「サッカー王国」と呼ばれたり。

で、愛札精神が高いなら、「カード王国」と認識される日も来ることでしょう。

余談、むしろ脱線ですが、東海地方にはブラジルの方々が比較的多く住んで
いらっしゃるらしいので静岡が「日本のブラジル」に最も適しているとは考えています。


都道府県別のこの数字はバトスピの大会を行って頂いている店舗数であると同時に、
ユーザーの熱意の指標と言っても過言ではないでしょう。

「がんばろう東日本」というフレーズが飛び交った昨今ですが、
バトスピ界的には「がんばろう島根・高知」。
(4年目にして、国内に空白地帯があるとは…)

また余談で、「ハイランカーパス」の裏面には

■当カードは大会にて授与された本人以外に貸与、または譲渡することはできません。

と明記されているのですが、「ハイランカーシードリーグ出場権」には
そういった文言は一言もなくて、公式サイトの注意文にも
貸与、譲渡、売買、贈与に関する規制が見当たりませんね。(2012.1.3現在)
読み逃していたら申し訳ありません。

早いことに1ヶ月先にはCS広島。
シードリーグの滑り出しを含めて楽しみです。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

タレ式

さようなら《巨人港》、こんにちは2012年。
せっかくなので大晦日ギリギリまで《巨人港》を使い倒しました。

「老舗の秘伝のうなぎのタレシステム」で引いたり足したりしながらの
解散を迎えたデッキのかたちはいびつなものでした。


3 巨人港
3 青玉の巨大迷宮
2 鳳翼の聖剣

3 巨人猟兵オライオン
1 英雄巨人タイタス
1 神造巨兵オリハルコン・ゴレム
2 鉄の覇王サイゴード・ゴレム
1 異神獣クトゥルム
1 天蒼元帥チョウハッカイ
1 龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード

2 バルカン・アームズ
2 フォビッド・バルチャー

3 絶甲氷盾
2 デルタ・バリア
1 ルナティックシール
1 フォールダウン
2 ハンドタイフーン
2 マーキュリーゴブレット
3 ストロングドロー
3 雷神轟招来
1 秘剣燕返

合計40枚。

私のショップバトル周辺事情ではありますが、環境の中心にいたのがヤマトでした。

「対ヤマト」というプレイングなりスピリット展開なりに対して、

《雷神轟招来》はたいへん良く活躍してくれたと思います。

また、《異神獣クトゥルム》の除去能力にも助けられました。

転召元がフィールドに居なくて、詰んだこともありましたが…

結局、《巨人港》頼みでした。


さて、今日から制限に引っ掛かるカードが満載ですので、

スリーブから抜く作業から新年スタートです。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック