コンテントヘッダー

リボル - スピーディー且つクイックリィに -

天秤造神リブラ・ゴレム》で勝つための悩みが2つありました。

1つはLv3効果でせっかく起き上がったのに疲労させられてしまうことと、

もう1つは《サイレントウォール》でアタックステップが終わってしまうこと。


前者は《侵されざる聖域》で【装甲】を付加して解決。

後者は《雷神砲カノン・アームズ》で相手の手札を封じたりしました。

リブラリボル

さて、ケロケロエースのプロモ《リボル・アームズ》がリリースされました。

雷神砲カノン・アームズ》では【粉砕】+1枚の破棄した札の中に

白のカードがなくてはならなかったのですが、

リボル・アームズ》ではコストの指定が可能。

これで《サイレントウォール》に阻まれる心配がなくなったわけです。


もっとも最大の心配事である、【粉砕】で破棄したカードの中に

スピリットカードがあるかないかは解決されてはいませんけどね~

兎に角、《リボル・アームズ》の採用は秤にかけてみたいところです。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

祝!ぶらり旅

『バトスピやろうぜ!DX』でお馴染みのボンバーさんが遂にスピンアウト!

ボンバーぶらり旅


辞書でスピンアウト(Spin out)って調べたら、

「〈血が>ほとばしり出る」と書いてありました。


暗黒戦士の旅だけど、王道《西郷さん》登場。

マニアックな《上野大仏》は出ませんでしたね。


MAXにはボンバーさんがいらっしゃるようですので、

今のうちにサインしてもらうカードを用意しなくては。

ドラグノ爆弾兵』か『カンシャクコロガシ』のどちらにするかで迷ってます。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

転召支援ネクサス

久々に【転召】スピリットがリリースされまして、

それに伴いサポートネクサスも同時リリース!



【転召】するとき、このネクサスを疲労させることで、

系統:「星魂」を持つ自分のコスト3のスピリット1体の上のコアすべてを

指定場所に置いたものとして扱う。



この効果を持つのは

剣の誕生地

偶像の館

巨木の門》 の3種類。


久々に使うので、【転召】プロセスを自分のためにおさらいします。


①召喚を宣言。【転召】を持つスピリットカードを提示。

②コストの支払い。

③【転召】条件のあうスピリット上のコアを指定場所に置く。

 (↑『【転召】するとき』というのは、このタイミング。)

 (↑『【転召】の対象になったとき』の効果も、このタイミング。)

④提示した【転召】を持つスピリットカードにコアを載せて召喚完了。

⑤召喚時効果の発動。


で、当ってるはず。


旧来の【転召】スピリットも召喚しやすくなりましたね。

神星シリーズのみならず、勇者皇シリーズと極帝龍騎シリーズも試したいところ。


以上、何もなければ、ライフでウケます。

参考文献:集英社『バトルスピリッツコンプリートカタログ』
このページのトップへ
コンテントヘッダー

12宮の属性

公式ページ(スゴイカード特集【月の咆哮】)が更新されてまして、

次の12宮Xレアは牡牛座・乙女座・山羊座。


この12宮には属性というものが設定されているようでして、

水属性は「蟹座・蠍座・魚座」、風属性は「双子座・天秤座・水瓶座」、

そして土属性は「牡牛座・乙女座・山羊座」…


とうの昔にどこかで論ぜられているとは思いますが、

(例えばこちら→鵺さんのブログ

この属性は12宮Xレアのリリースの括りだったのですね。


また、早い段階からそれらしいヒントが露出していまして、

それは12宮ツアーのメインステージに立ててあるパネル。

マイ・バロ

ダン・クラ

各キャラの背景に星座が描かれてまして、バローネは「蟹座・蠍座・魚座」、

クラッキーは「双子座・天秤座・水瓶座」、魔ゐは「牡牛座・乙女座・山羊座」…

このパネルを初めて見たのは2011年1月のCS新潟でした。

初出は昨年12月のフェスタでしょうか?

その時はLv1地獄をグルグルしていたので、確認は出来ていませんが。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ふたりっ子

光と影、虚と実の手品師。

これは《魔導双神ジェミナイズ》のフレーバーテキスト。


デザインの良いカードだと讃えたく、キーボードを打っています。

双子座の黄金聖衣に似てますし。

ジェミナイズ


連続魔法的な感じが「双子の魔法使い」っぽい。

この効果が2回も使えてしまうのは、

一度行使した後にクルリと回転し、前後が入れ替わるしくみなのだろう。

(TV放送での動作は見逃したので判りませんが)

1発目は光側が魔法を放ち、裏側がコスト無料で連続魔法。

そして表裏入れ替わり、2発目は裏側から魔法を使用し、光側が無料で連発。

そんなイメージ。


ギリシャ神話を忠実に持ってきてしまうと、

双子座はカストルとポルックスというなんちゃって双子。

(本当は4つ子のうちの2人で、別々の卵から誕生する説もある)

カストルは将軍気質で、ポルックスはボクサー野郎。

このままではどうやっても「闘神」に陥ってしまう。

ただし、青の十二宮Xレアは「蠍座」と「天秤座」で埋まってます。

そこでファンタジー界では王道の「双子の魔法使い」というモチーフ。


カードを透かすと「蝶」が見えるのですが、その意図は不明。

頭で解らなくても良い領域のことかもしれませんね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック