コンテントヘッダー

分割された空

スゴイカード特集 星座編 第2弾 【灼熱の太陽】

未完成の古代戦艦:船尾》というカードを発見。


星座編第1弾【八星龍降臨】には《未完成の古代戦艦:竜骨》というカードがあります。


となりますと、帆座と羅針盤座も古代戦艦パーツなら合わせてアルゴー船ですね。


アルゴ座が分割されて、竜骨・船尾・帆・羅針盤になったようです。

今期の星座編で、ちょっとずつ星座の知識が増えてしまいます。


《古代》の《戦艦》といえば、宇宙の彼方へ行くやつかしら?

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CS新潟2011・マスター決勝戦

明日はCS広島ですね。

参加者の皆様は各々正々堂々と目標に向かって頑張りましょう!

私はもう少しCS新潟の話をします。


CS新潟2011のマスタークラスの決勝戦(代表決定戦)。

デッキは公式サイトに掲載されていますので、興味ある方は是非どうぞ。

文章のテンポのため、敬称略を了承ください。


****** 松永(東京都) vs 北澤(長野県)******

マスタークラスでの8勝卓を見るにCS新潟2011は、

地元新潟勢、隣接する長野勢、隣の隣の石川勢の激戦区であった。

戦国時代以前から続く、北陸・信越のせめぎあいの縮図を垣間見る。

もちろん他の都道府県からも若干名が昇る。

そして、決勝卓に着いたのは上記の2名。

「ゲートオープン、界放!」


じゃんけんに勝った松永は先攻をチョイス。

ドローして、ターンエンド。

初っ端からザワめくギャラリー。

じゃんけんに勝って先攻を選んだということは、

スピリットかネクサスの展開、もしくはマジックの使用があると思ったものだ。


北澤、《侵されざる聖域》を配置。《ストームドロー》をメイン使用。

メイパロット》《木星神龍ノブナガード・ゼウシス》を捨て、手札を整えた。

メイパロット》を落としたということは《○○○○》が手札にあり、

木星神龍ノブナガード・ゼウシス》を落としたということは《○○○○》が

手札にあるだろう。そんなことを観客各々は考えただろう。

より良い札を握っているに違いない…有利だ。


松永、《ドラグノ祈祷師》をフィールドへ。

ただし、トラッシュは空のために祈祷師は祈祷しなかった。


北澤は《神龍皇ジーク・カタストロフドラゴン》を降臨。

フレーバーテキストの如く大番狂わせなダブルシンボルが現れた。

そのアタックが通り、ライフを2削る。


相手の場には《神龍皇ジーク・カタストロフドラゴン》。

次のターンにシンボルのあるブレイヴが【合体】するならば、

ライフ3は敗北射程範囲の松永は《リザドエッジ》を皮切りに

北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(赤)》を召喚。

そして《牙皇ケルベロード》を随行&【合体】。

手数的にライフを6まで削れる布陣で攻撃開始。

ドラグノ祈祷師》から仕掛け、ライフを1減らす。

続けて《ケルベ付き北斗》が攻撃&効果回復。

この連続攻撃が通れば、勝負は着いてしまう。

そうは問屋が降ろさないイカの塩辛。

バインディングソーン》で《ケルベ付き北斗》は疲労。

ストームドロー》で手札を整えてある北澤、持っている。

コアを《神龍皇ジーク・カタストロフドラゴン》の上から使用せざるを得ず、

フィールドには《侵されざる聖域》だけが残って、ライフで受けて残りは2。

これ以上のアタックは無意味と悟り、松永はターンを返した。


北澤、《火縄ザル》、《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(緑)》と展開。

召喚効果で《ビーム・ビートル》を随行&【合体】。

ビーム付き北斗》でアタック。松永の《リザドエッジ》を寝かす。

この時、北澤は勝負を決意したかもしれない。

疲労マジックがあればメイン中にでも《リザドエッジ》を疲労させて、

まずは《火縄ザル》から攻めたであろう。

ビーム付き北斗》は《侵されざる聖域》でたくさんの【装甲】が付加している。

疲労マジックも《ミストカーテン》も効かない化け物なのだ。

リザドエッジ》にブロックされてしまってはライフ3へは届かない。

故に疲労させなくてはならない。

苦渋の選択とも言える【装甲】付きからのアタック。

「疲労マジックがない」と相手が察してしまう危険性がある。

もしくは、疲労マジックを温存しての《ビーム付き北斗》の攻撃であったかもしれない。

ラスト1点を狙った《火縄ザル》を阻む《マッハジー》の疲労を描いたかもしれない。

そもそも「ないものはない」わけで待ち構えていても相手の《ケルベ付き北斗》の

高BPと連続攻撃はどうしようもない。攻める機は間違っていない。最善手。

相手に手立て・解答・対策がなければ、北澤の勝ちは目前。

さて、残りライフ3の松永は《ビーム付き北斗》のアタック中に、

トライアングルトラップ》で《火縄ザル》を罠に落とし込む。

ライフを残り1として、反撃に出る。


凌いだ松永は《ヤシウム》召喚で《ドラグノ祈祷師》を回収。

その《ドラグノ祈祷師》が祈祷して、トラッシュの《マッハジー》を回収。
(《マッハジー》は《牙皇ケルベロード》の効果でトラッシュに送られていた。)

ケルベ付き北斗》でアタック&回復。

守る方策なく、北澤のライフはゼロへ。

「負けました」と潔く敗北宣言を名言したと聞いている。真のバトラーだ。

******** ******** ********

ということで、CS新潟2011を制したのは松永さん。

おめでとうございます。


対戦内容に記憶違いがありましたら、指摘お願いします。


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CS新潟2011・スタン決勝戦

もうすぐCS広島ですし、

Vジャンプの発売で新カード1枚がリリースされるというのに、

いつまでも新潟の話でゴメンナサイ。


CS新潟2011のスタンダードクラスの決勝戦(代表決定戦)。

イニシャル出演して頂きますが、すぐに公式サイトで発表されるかもしれませんね。

******  T君 vs O君  ******

じゃんけんに勝ったか負けたかは判らないけど、O君の先攻。

ピジョンヘディレス》、《スカルデビル》を召喚。

予選のデッキのまま決勝トーナメントに挑んだと考えられるこのスピード感。

さらに《骸戦車ゲパルバート》を《スカルデビル》に【合体】して1ドロー。

その際に引いてきたと思われる《フォッガー》まで召喚。

先攻1ターン目から怒涛の展開をしたO君。

スピリットを広げ過ぎな印象を受けましたが、これが彼のスタイルなのでしょう。

ターンの廻って来たT君。《火縄ザル》を召喚して、当然アタックはしない。

このT君、初代ニイガタチョウテンオウ(スタンダードクラス)です。

2年連続でこの大舞台に昇ってくるとは、やはり王者は何かが違う。

さあ、O君は《バイ・パイソン》をスネーク・カモン!

スピリットのバトルが始まる。

「《スカルデビル》でアタック」とアナウンスが聞こえたのですが、

骸戦車ゲパルバード》が【合体】したままかは不明。

おそらく《スカルデビル》に【合体】のままのようです。

BP4000のアタックをT君はスルーしてライフで受ける。

O君はターンエンド。BPで劣るスピリットでのチャンプアタックを避けた模様。

骸戦車ゲパルバード》付きのスピリットのアタックは疲労した《火縄ザル》を

破壊するために攻撃順を遅らせていれば、こうはならないでしょう。

T君、《飛鋼獣ゲイル・フォッカー》を野に放つ。そして、アタック。

相手に《骸戦車ゲパルバード》こそ居れど、ライフを削らねば永遠に勝てない。

犠牲を前提とした攻撃でライフを1削る。

火縄ザル》Lv2で守りの体勢を採ってターンを渡した。

O君は最後の魔将と呼ばれる《魔界七将ベルドゴール》を喚び寄せた。

その左手に「グワシ!」と握り潰される《飛鋼獣ゲイル・フォッカー》。

メインステップ中に《デッドリィバランス》を打たれ、

守りの要《火縄ザル》もトラッシュへ逝ってしまう。

マジックのコスト支払いと効果処理で紫の0コスト達はトラッシュへ。

ドローの出来る《バイ・パイソン》Lv1からアタック。

蛇はフラッシュで飛び出た《マッハジー》Lv2に競り負ける。

その《マッハジー》も疲労しているために《ゲパル付きスカルデビル》の

アタック効果で破壊される。

最後の魔将も攻撃参加し、初代のライフを2に追い詰めた。

フィールドはガラ空きだが、T君にもチャンスは残っている。

己のコアはたくさんある。相手のコアは少なく、手札は2枚。

「北斗 + ケルベ」でライフ4を削ぎ落とすことが可能な環境だ。

だが、ここでお見えしたのは《巨蟹武神キャンサード》。

この《巨蟹武神キャンサード》がアタック。

観客は顔を見合わせた。「ゲパルが居るのになぜ?」と。

ライフを1削り、残りは3。決着の足音を聞きながら次のターンへ。

O君、スピリット・ブレイヴの追加はなく攻撃を開始。

もちろん《ゲパル付きスカルデビル》から。散る蟹将軍。

T君は《トライアングルトラップ》で魔将を疲労させて窮地を凌ぐ。

相手のデッキが紫の低コストスピリットを中心とした構成であるため、

トライアングルトラップ》1枚あれば守りきれると判断しての

蟹将軍の犠牲アタックだったのかもしれない。

更地の初代に再びターンが廻って来たが、

ライフを打ち砕くパワーのあるスピリットはないようだ。

砲凰竜フェニック・キャノン》を召喚し、

序盤から大活躍の《スカルデビル》と《魔界七将ベルドゴール》を破壊する。

ゲパル付きスカルデビル》が破壊されるということはLv1だったのか?

この辺は記憶・記録共に曖昧です。

この破壊で《骸戦車ゲパルバート》がフィールドに残ったかも不明。

返しのターンで《オニグモン》、《ストレイソウル》、《シャ・ズー》と展開。

フルアタックを防ぐ手立てなく、初代T君のライフは無くなるのであった。

O君、新潟代表おめでとう!

そして、T君は連続決勝という快挙おめでとう!


以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

レベルアップ攻略

先日のCS新潟2011に於けるレベルアップガンスリンガーで

《8勝卓》に昇ってきた方々の予選結果を記します。


《○》は勝ちで、《×》は負け。 《/》はレベルの区切り。


○○○/○○/○○  6番抜け  使用デッキ:

×○○○/○○/×○○  9番抜け  使用デッキ:

○○○/○○/×○○  12番抜け  使用デッキ:

○○○/×○○/××○○  15番抜け  使用デッキ:


16番目が抜けて、8勝卓が締め切られた時にレベル3卓には18名前後が

対戦していたことと記憶しています。

ギッシリ座らず、間隔を空けながら着席して対戦していたので、
人数はちょっと曖昧です。

加速度的にレベル3卓への参戦者が増えるため、

「ギリギリアウト!」というプレーヤーが多数発生します。

誰が昇ってもおかしくないだけに若干いる応援サイドも熱くなりました。

どこも同じなのですが、マスタークラスは観客が少なく、

スタンダードクラスはお父さん・お母さんの応援があるので観客多めです。

ちょっとした授業参観に見えなくもありません。

それは愛を前提とした人の壁でして、私は心の中で《愛の壁》と呼んでいます。


MAX、フェスタとレベルアップガンスリンガー方式が続きまして、

今期のCSのレギュレーションとなっています。

8勝卓を目指す攻略法としては、早い段階でレベル2卓へ上がること。

レベル2以降で許される敗北は1~2回まで。

レベル1卓で2敗したら、ほぼ絶望。

勝敗の着くスピードで多少の差は生まれますけどね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

新潟8勝卓

CS新潟2011の続き。

今回のレギュレーションは御存知の《レベルアップガンスリンガー》。

レベル3卓で2勝しますと、晴れて予選通過ゾーンへ。

そこは7勝してから進むので《7勝卓》と呼ばれたり、

8勝するために進むので《8勝卓》と呼ばれたりしています。

呼び方はどっちでも何でも伝われば良いでしょう。

《砲竜バル・ガンナー》を「バルガン」と略そうと「ガンナー」と言おうと

伝われば問題ないですし。

仮に「ほルナー」と呼ぶなら伝達されないことを教えたい。

8勝卓にプレーヤーが通過する度に、プレートから青い札が剥がされていきます。

8勝卓プレート


16番札から徐々に減り、残りの通過枠が判明するしくみです。


CS新潟2011で8勝卓に昇ってきた順番と対戦結果は下記の通り。
(マスタークラスです。)

 1番抜け:紫 vs  2番抜け:

 3番抜け:紫 vs  4番抜け:

 5番抜け:紫 vs  6番抜け:

 7番抜け:紫 vs  8番抜け:

 9番抜け: vs 10番抜け:緑

11番抜け: vs 12番抜け:紫

13番抜け: vs 14番抜け:緑

15番抜け: vs 16番抜け:緑

赤が勝った方。

偶然なのか紫が緑に全敗。

抜けた順番で言いますと、紫が早いことがここだけの結果を見ると判ります。

「緑との戦いを熟知した紫」vs「紫との戦いを熟知した緑」では

どちらに分があるのでしょうね?

勝ち抜いてきた紫はガンスリの中では緑との対戦は多かったことでしょう。

8勝卓には魔が潜んでいるのでしょうか…

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

CS新潟へ

CS新潟の参加者・関係者のみなさま、お疲れ様でした。


CS新潟へ遊びに行ってきました。

エントリーはしてないので、保護者&観戦専門です。

CS新潟2011

たいへん広い会場なので閑散として見えますが、
結構な数の参加者がいらっしゃいました。(カウントはしてないけれど)

フェスタが混み混みなので、感覚が麻痺しております。


東京から関越自動車道を使いまして新潟へ。


雪国

(関越)トンネルを抜けると雪国であった。

と、ベタな一文を添えたくなります。


ギャラクシーさんも新コスチュームで登場。

G2011b.jpg

2011年は王子様的にキめるようです。

良く見ると、袖が外せそうなのでマントを取れば夏も怖くないでしょう。
(これまでの衣装は夏の暑さが辛そうでした)


さて、CS新潟では様々なデッキが見られたことですが、

8勝卓(予選通過ゾーン)に昇って来るのは限られてきます。

CS新潟の傾向では下記の通り(マスタークラス)。

   6

   9

  1

不明  0(プレイシートがカラフルな上、遠くて見えませんでした)


紫と緑が主流ですね。

紫は3コストのドロースピリットと0・1コストの記述なし中心の構成。

緑は基本『北斗木星型』で、一部『怪虫ラピット』も見られました。


で、8勝卓で紫と緑でどっちが勝ったのよ?というのは次回書きます。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック