コンテントヘッダー

スタンダードの決勝戦

時間が経ってしまいましたが、スタンダードクラスの対戦報告も。


バトスピCS全国決勝スタンダードクラス決勝戦 in 東京おもちゃショー


ジャンケンに勝ったのはMAX代表のY君。後攻を選択。


大阪代表S君、《鼬の暗殺者ウィゼーブ》、《魔法監視塔》を展開。上出来のスタート。


Y君、《ストームドロー》使用。《轟剣士レーヴェン》と《ストロングドロー》を破棄。

鼬の暗殺者ウィゼーブ》を召喚してエンド。


マスタークラスの観戦記事でも触れましたが、初動でネクサスがないのは厳しい。

先攻の相手が初っ端からフィールドに青シンボルを2個置けたことを考えると

苦しい戦いが待ち構えていると言ってよい。

また【強襲】のスピード合戦に於いては、この1ターンが致命的な経過になりかねない。

そのくらい今のバトスピ界のスピードは速いのである。


0コストの《鼬の暗殺者ウィゼーブ》から軽減を活かせば青の3コストネクサスを

展開できるのだが貼らないということは「手札にない」ということ。

この状況を相手が察知したかは、本人のみぞ知る。


S君、《百識の谷》を配置してドローステップでのチャンスを拡げる。


Y君、《轟剣士レーヴェン》を召喚。相手の《ウィゼーブ》を破壊。

トラッシュにネクサスはないので、破壊時効果は起こらなかった。

また無理出しのため、自身の《ウィゼーブ》が自壊している。

ここは動かず。


S君、《凶龍爆神ガンディノス》を召喚。

自分のフィールドには《魔法監視塔》《百識の谷》。

軽減2を活かして早い登場のガンディノス。

凶龍爆神ガンディノス》のアタックで《轟剣士レーヴェン》が轢かれる。

2度の強襲アタックで2ライフを削り、暴走は一旦休止。


更地のY君、リザーブには9コアもあるが何もせずにエンド。

ここまで来てもネクサスがないのか…

といっても、まだ6ターン目(後攻3ターン目)というゲームスピード。


S君、《凶龍爆神ガンディノス》をLv2へ。《魔法監視塔》をLv2配置。

と、私のメモにはあるのだが、どうもコアが足りない。

ガンディはLv1の見間違えか?

もしかしたら《魔法監視塔》を貼る前に、《鼬の暗殺者ウィゼーブ》で軽減をつなぎ、

自壊したかもしれない。

プレイングが早過ぎて、ジャッジが追いつけないほどだったのだ。

凶龍爆神ガンディノス》は相手のライフ3を狙って強襲アタックを繰り返す。

残りライフ1を《マッハジー》に阻まれ、このターンの暴走は止む。


Y君も《凶龍爆神ガンディノス》を召喚。但し、ネクサスはなく単機出撃。

Lv3で防御するしかない。


S君、百識の谷の効果で2ドロー1捨て。《鼬の暗殺者ウィゼーブ》をトラッシュへ。

前のターンでは何を落としたのか失念。

ストロングドロー》で手札の整理。(何を切ったかは、やはり早くて判らず。)

力奪う凱旋門》を構え、《ソーンプリズン》で相手のガンディノスを寝かせて、

凶龍爆神ガンディノス》が再び暴走。

為す術なく、最後のライフが削られるのであった。


S君、二代目ニホンチョウテンオウ、おめでとう!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

マスターの決勝戦

先日の東京おもちゃショーにて、チャンピオンシップ2010は終焉を迎えました。

公式イベントレポートはこちら→東京おもちゃショー2010

公式サイトには優勝者と準優勝者のデッキレシピが掲載されていますが、

対戦の経過が公表されていませんね。


私の見聞してきた情報を記します。



バトスピCS全国決勝マスタークラス決勝戦 in 東京おもちゃショー

決勝へと駒を進めたのはエントリーナンバー5・仙台代表のT氏。

今回の決勝トーナメントでは第1戦目に相手にバクデスをキめられながらも粘り勝ち、

勝ち進む毎に落ち着きが増していった鋼鉄の心を具えたプレーヤーである。


そして、エントリーナンバー13は福岡代表のS氏。

第2戦目では緑の軽スピリットに対して、《転召の祭壇》で展開を遅らせてからの、

もはや大魔法《轟剣士レーヴェン》でリセット。

さらに2枚目の《転召の祭壇》を貼るという危なげないプレイングで勝利。

準決勝では同系キラーの《バスターランス》が火を噴き、堂々の決勝入りを果たした。


2代目ニホンチョウテンオウに輝くのはどっちだ!


じゃんけんに勝った福岡代表は先攻、《転召の祭壇》を配置。安定スタートを見せる。


後攻の仙台代表は《ストロングドロー》スタート。

ソーンプリズン》、《ストロングドロー》をトラッシュへ。


強襲デッキに於いてはネクサス配置から始めるのがセオリーであり、

ストロングドロー》スタートはしんどい手札であることを意味する。

初手が「《ソーンプリズン》3枚、《ストロングドロー》1枚》」だったとか。

トップドローが《ストームドロー》…これは手札交換、止む終えなし。


仙台代表、続け様に《ストームドロー》使用。

凶龍爆神ガンディノス》、《ソーンプリズン》をトラッシュへ。

コアを使い切ってターン終了。


福岡代表も《ストロングドロー》使用。

ソーンプリズン》、《巨人大帝アレクサンダー》を捨てる。


仙台代表、《転召の祭壇》を貼ってエンド。


この4ターン目で《転召の祭壇》同士が睨み合う盤面。

2010年の「強襲時代」を象徴と言えよう。

かつて『置きもの』と呼ばれていたネクサスも、

今では『足場』とか『お供』とか呼ばれる時代になってしまった。
(私の近辺の話です)


福岡代表、《ヴィクトリーファイア》で相手の《転召の祭壇》を破壊。


足場を壊された仙台代表は《巨人大帝アレクサンダー》召喚。

下手にアタックして、返しに2~3ライフを奪われる返り討ちに合ってはならない。

ここは動かず。


福岡代表、《凶龍爆神ガンディノス》召喚。

相手のアレクサンダーと同じBPでは仕掛けられず、ここも動かず。


仙台代表、《転召の祭壇》を配置、《巨人大帝アレクサンダー》をLv2にして、

強襲アタックで相手のライフを2削る。


ライフ3となった福岡代表。先に仕掛けた方が有利と言われる「強襲時代」。

ここである程度攻撃しないことには先がない。

魔法監視塔》Lv2配置。《凶龍爆神ガンディノス》Lv3で強襲アタック。

仙台代表はライフで受ける。

ガンディノスが2回目の強襲アタック。

仙台代表は《ソーンプリズン》使用。3回目のアタックを阻止したい。

もしくは、相手のターン中に疲労させておきたい。

しかし、福岡代表は《魔法監視塔》Lv2の効果でマジックを打ち消す。

続けて仙台代表、《バインディングソーン》でガンディノスを絡め取り、

そのアタックをライフで受けて反撃の狼煙を上げる。


仙台代表のターン。相手のライフは3。

相手フィールドには疲労したガンディノス転召の祭壇のみ。

自分のフィールドにはアレクサンダー転召の祭壇

ネクサスか「勇傑」スピリットのどちらかと《ウィリアンスラッシュ》があれば

勝利は確定だ。

だが、デッキレシピを見るに、《ウィリアンスラッシュ》は構築上積んでいない。

ウィリアンスラッシュ》でなくても《力奪う凱旋門》か《魔法監視塔》で

マジックを封じるなり打ち消すなりしても勝利は近付く。


だが、ここで配置したネクサスは《転召の祭壇》。

巨人大帝アレクサンダー》2体目と《隼の剣士ファルコニア》を召喚し、

アレクサンダーで強襲アタック。

福岡代表は《ソーンプリズン》と《バインディングソーン》を発動。

仙台代表の強襲スピリット3体は全てを疲労してしまう。

先のターンでの疲労マジック連発をお返しした形だ。

アタックはライフで受けて、3から2へ。


福岡代表は《転召の祭壇》2枚目を配置。

マッハジー》を召喚してから、その軽減を活かして《ストームドロー》使用。

もはや用済みの《古代闘技場》と《灼熱の谷》を捨てて、《マッハジー》2体目を召喚。

このターンのフルアタックで(アタック順は失念)、福岡代表の勝利。

おめでとう、2代目ニホンチョウテンオウ!


おまけ(曖昧な記憶の箇所。記憶違いなら申し訳ありません)

①ラストターンで《マッハジー》が相手の《転召の祭壇》によるコスト+1(2枚貼って
あったので+2)を踏み倒して、出てきちゃったような気が…。


見間違えです。お騒がせしました。(2010年7月27日 訂正)

②ラストターンで《凶龍爆神ガンディノス》から強襲アタックをした記憶がありまして、
その時BP5000のファルコニアがこっそり生き残った気が…。

やはり動画を見てみたいですね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2代目ニホンチョウテンオウ誕生

バトスピチャンピオンシップ2010全国決勝大会へ行ってきました。

やや狭いステージに出場者・ジャッジ・ギャラクシーさん・エリオット氏が登壇し、
ますます狭くちょっとたいへんそうです。

全国決勝2


あと照明と熱気で暑そう。下で観てるだけでも暑いのに…

ギャラクシーさんは1月から同じ衣裳。絶対に暑い。

そんなアツい中、決勝は粛々と行われたのでありました。


バトスピCS全国決勝 in 東京おもちゃショー トーナメント 1本勝負

【マスタークラス】
対戦組み合わせの1~16の番号は以下の通りです。
エントリーナンバー 代表になった地区 名前 使用デッキ色 という順。
名前は公式サイトを参考にイニシャル表記。

 1 沖縄   I氏 白
 2 MAX  K氏 ダークリ
 3 名古屋  N氏 青赤
 4 MAX  K氏 青赤
 5 仙台   T氏 青赤
 6 東京   Y氏 紫
 7 大阪   O氏 黄
 8 大阪   K氏 緑

 9 新潟   O氏 青赤
10 名古屋  S氏 青赤
11 広島   T氏 白
12 MAX  H氏 青赤
13 福岡   S氏 青赤
14 札幌   O氏 白
15 愛媛   U氏 緑
16 東京   K氏 赤

使用デッキは遠めに見たザックリ状態ですので、若干の誤差は御了承を。

【第1回戦】
 1 ○ - ×  2
 3 × - ○  4
 5 ○ - ×  6
 7 × - ○  8

 9 × - ○ 10
11 × - ○ 12
13 ○ - × 14
15 ○ - × 16

【第2回戦】
 1 × - ○  4
 5 ○ - ×  8
10 ○ - × 12
13 ○ - × 15

【準決勝】
 4 × - ○  5
10 × - ○ 13

【決勝】
 5 × - ○ 13

採用頻度の高い「青赤」というデッキは、
アレクサンダーガンディノスの入った強襲デッキのことです。

ベスト4の時点で残っているのが「青赤」だけというのがCS2010の特徴。


【スタンダードクラス】は観戦スペースが狭く、見えにくいために確認は取れず。

スタンダードクラスもベスト4で勝ち残っていたのはマスター同様「青赤」のみ。


長かったチャンピオンシップはこれにて終了。

バトスピに関わる全ての皆さま、お疲れさまでした。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

おもちゃショー

今週末、東京おもちゃショーにて全国決勝が開催され、
長かった「バトスピチャンピオンシップ2010」は終わりを迎えます。

今年1月、東京から始まったCS地方予選。あれから半年…

否、コアリーグ予選から計算すると実は1年…

長かったですね。


公式情報では

“7月18日(日)バトスピチャンピオンシップ決勝大会実施!!”
“バトスピブースに集まれ”

とあるので是非応援に行きたいのですが、何時からスタートなのかな?

たまたま近くにいた複数のチョウテンオウ(決勝出場者)に話を聞きましたところ、
昼頃に集合するようなのでバトスピブースには昼過ぎに居ればよさそう

朝から現地入りする予定なので、バトスピブースで大会の時間を確認してから
大会始まるまではおもちゃショーを楽しみたいと思います。

マスターの出場者に至っては朝から招集が掛かっているようなので、
朝一でバトスピブースに寄って要時間確認ですわ。
(情報提供ありがとうございます)

CSMAXでは触れなかったデジタルスターターを試遊したいですね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。

一部修正しました。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

勇者皇

スゴイカード特集【超星】が更新されています。

氷雪の勇者皇ウル
The BlizzardEmperor Ullr


光輝の勇者皇リュート
The ShiningEmperor Ryute


勇者(Braver)から勇者皇(Emperor)に出世して益々強くなります。

各色のスラッシュマジック(ウィリアンスラッシュなど)のフラッシュ効果
“このターンの間、カード名に「勇者」と入っている自分のスピリット
1体をBP+5000する。”の恩恵を受けることができます。

ただ、またもや英語版だと話が変わってきますね。

「ニホンチョウテンオウ vs 全米チャンピオン」とかを催す場合はカードの修正が
若干必要になるのでしょうか。

CSMAXでの展示物に「世界に広がるバトスピ」的なコーナーがありまして、
アメリカの他、シンガポールか香港にもバトスピは上陸しているようです。
(おそらく英語版でしょう)

今後、《東洋太平洋チャンプ》を決める時が来ても困らないように、
今の内からテキストには充分気をつけたいですね。

随分と末広がりな話でした。

以上、何もなければ、ライフでウケます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

墓維持3

放置していた《破壊時》・《破壊状態》のお話。
周知のことと思われますが、このブログでも再確認ということで。
(認識・解釈が間違っていたら、コメントお願いします。)

公式のQ&Aですと、

BS06-076 暴かれた墓石
>>Q4 系統:「無魔」を持つ自分のスピリットが破壊された時、先にLv2効果を使って
破壊されたスピリットをフィールドに戻しても、Lv1・Lv2効果でドローできる?

>>A4 いいえ、できません。


効果は同時に発生したものの、先に《破壊状態》ではなくなってしまったので、
(「自分のスピリットが破壊されたとき」がなくなってしまったので)ドローはできない。

という解釈です。

改めて《破壊状態》とは「トラッシュに行く前のフィールドにいる状態」のことで、
ポイントは以下の4つ。
 効果は発揮する。
 疲労・回復はしない。
 【転召】の対象にできる。
 軽減シンボルとして数えることができる。


この《破壊状態》という語は長らくプレーヤー間で扱われてきた言葉ですが、
公式Q&Aでも登場するようになりました。
(公式サイトのカードQ&Aで「破壊状態」とフリーワード検索すると
 該当するQ&Aが表示されます。)

公式ルールマニュアルはVer.1.0~Ver.1.3までありますが大きな改訂はなく、
つまりそれは2年前の古文書ということです。

『墓維持2』というタイトルの記事でルールマニュアルを参考に取り上げましたが、
解釈や裁定が変化するゲームにおいては適切ではないかもしれませんね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。

参考:
公式Q&A(BS04-045 氷の女神フリッグ Q5)
公式Q&A(BS07-047 海人アプリカール Q2)
公式Q&A(BS05-004 妖狐キュービック Q1)
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック