コンテントヘッダー

野暮? No, 粋!

今年もいよいよ終わりです。

この年末年始では帰省のついでに(あるいは観光のついでに)、
近辺のショップバトルに参加される方々もいることと思います。

そんなゲストをどれだけもてなすことが出来るか。
ゲームの強い弱いとは別の“常連の強さ(店の強さ)”なのではないかと考えております。

「おもてなし」という言葉だけでたくさんの本が出版されているように、
コレが正解!という方法はないので、何をしたら良いのでしょうか?

私の考えでは、下記の2つをお勧めします。
一、ガチデッキと最良のプレイングで対戦すること
一、他の人が使ってなさそうなテーマデッキやコンボデッキを披露すること

そして、逆にやってはいけないのは相手のデッキへのアドバイス。
ついつい、「こうしたら使いやすくなるのに~」と喉から手が出るほど言いたくなります。
こちらから口を出すのは野暮というもので、相手に求められてからの発言が好ましいですね。
そのアドバイスを受け入れるかどうかは、また別問題なのですが。

見知らぬプレーヤーさんがいましたら、できるだけ声を掛けてみましょう。
時間の限り、フリープレーに誘いましょう。
もしかしたら、周辺では見たこともないコンボやプレイングを勉強できるかもしれません。

特に少年少女プレーヤーは「バトスピでたくさん遊びたい!」と思っていても、
自分から声を発することはありません。
その気持ちは是非とも汲み取りたいものです。
ゲストに「来年も、あのお店に行きたいね」と思わせたら常連全員の勝利です。

楽しい年末年始バトスピライフを過ごしたいものですね。
(年末年始をバトスピに捧げる人がいること前提の記事でした。)

以上、なにもなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

黄色も忘れずに

『轟天のヘヴンズドア』には完全攻略マニュアルという小冊子が付いています。
ヘヴンズドアデッキの戦い方とベヒードスデッキの作り方が載っていまして、
従来のルールマニュアルより一歩踏み込んだ面白さを伝える内容になっています。

超獣王ベヒードスのフレーバーテキスト(カード左下の薄く小さい文章)を読みますと、

 観客が割れています! そしてすごい歓声です!!
 なんと、東の国の王が観客席に姿を現しました!!

そして、新カード獣皇子バハムンドのフレーバーテキストは

 東の皇族にして、前回跳躍競技の優勝者であります。
 ぜひ東を率いて、虚無の軍勢を打ち払って欲しいところ!

系統はどちらも「獣頭・勇傑」。親子ですかねぇ?

冊子では青(超獣王ベヒードス)デッキをクローズアップしていますが、
ヘヴンズドアの黄色も魅力的なカードで溢れています。
その中でも使いやすさNo.1は天使デュミナスではないでしょうか。


天使デュミナス 3コスト(軽減:黄2)
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのブロック時』
相手のコスト2以下のスピリットをブロックしたとき、今行っているバトルが終了したら、
アタックステップを終了する。
Lv2・Lv3【光芒】『このスピリットのアタック時』
バトル終了時、自分がこのバトルで使用したマジックカードすべては手札に戻る。


発揮条件があるものの、サイレントウォール内蔵スピリットというわけで便利です。
クリスマスも近いことですし、“クリスマスデッキ”のキーカードとして採用。

以上、なにもなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

× ヘブンズドア  ○ ヘヴンズドア

チャンピオンシップ東京予選のエントリーはもうすぐ締め切りですよ」
という内容のメールが届きまして、慌てて応募した今日この頃です。

応募締め切りは12月11日(金曜)ですので…というか今日ですね。
今日必着なので、郵送などでは間に合わないので、東京大会を予定していて
まだ応募してない方はカードダスのサイトから申し込むしかなさそうです。

さて、轟天のヘヴンズドアが発売されました。収録されているネクサスの話。

ネクサス魔法監視塔がLv2で配置されてますと、
「このマジックを使用しますが、打ち消しますか?」と許可を得なければなりません。
“許可”は英語で“パーミッション(permission)”。
いちいち許可を伺うため、打ち消しデッキはパーミッションデッキと呼ばれたりします。

今後、バトスピ界にもパーミッションデッキと呼ばれるものが頭角を現すのか!?

あるいは、サイレントウォールのように、多くのデッキに魔法監視塔が採用!?
(この場合、サイレントウォールデッキを聞いたことがないように、
パーミッションデッキというのも聞く機会がないですね。)


転召の祭壇も素敵なネクサスですね。
これまでは先攻1ターン目にネクサスを配置しようものなら、
相手のターンでスピリットが3~4体並んでいきなりライフの残りが
少なくなることも珍しくありません。
転召の祭壇はコスト3以下スピリットの展開を遅くします。
先攻1ターン目に転召の祭壇を配置しますと、
2ターン目で相手が展開できるスピリットは最大で2体。
序盤からごっそりライフを削られることもなくなるでしょう。

これら新ネクサスの他、ヘヴンズドアで環境が変化してゆくと良いですね。

以上、何もなければ、ライフでウケます。

参考文献
ホビージャパンMOOK 『ダークスティール公式ハンドブック』
ケロケロエース1月号ふろく 『カードバトラー最強バイブル』
このページのトップへ
コンテントヘッダー

マジコンタワー

日に日に、『轟天のヘブンズドア』の発売が近付いております。

バトスピ界にも「打ち消し」という言葉がちらほら聞こえてくるかもしれませんね。
「打ち消し」というのは「効果を無効にする」ことです。

これまでバトスピにおいて、相手のマジックを打ち消すことができるのは
ネクサス鏡の回廊のLv2の効果だけでした。

鏡の回廊 4コスト(軽減:白2)
Lv2『お互いのアタックステップ』
相手がマジックの効果を使用したとき、その効果を無効にする。
この効果を使用したとき、このネクサス上のコア2個をボイドに置く。
(この効果はターンに1回しか使えない)

さて、ヘブンズドア収録の魔法監視塔も打ち消しの効果を持っています。

魔法監視塔 3コスト(軽減:青2)
Lv1・Lv2
自分のネクサスが破壊されたとき、自分のフィールド/リザーブのコア1個を
自分のトラッシュに置くことで、破壊されたネクサス1つを同じ状態で
自分のフィールドに戻す。
Lv2
相手がマジックの効果を使用したとき、その効果を無効にできる。
その後、このネクサスをデッキの下に戻す。

鏡の回廊の打ち消しは強制的に発動される上に、そのタイミングは限られているのに対して、
魔法監視塔は任意に発動が可能でタイミングの制限もありません。しかも破壊され難い。

これまではアタックステップ中に
英雄巨人タイタスでアタックします。フラッシュはありますか?」と伺うだけだったのが、
相手フィールドに魔法監視塔がありますと、
マッスルチャージを使用しますが、打ち消しますか?」といった手順が加わりますね。

以上、なにもなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

青、4つ目の特徴

バトルスピリッツの青色の特徴はおおまかに下記の3つだと考えてました。

1つ目は【粉砕】や英雄巨人タイタスの召喚時効果に見られる「デッキ破壊」。
2つ目は作戦参謀フォクシン古代闘技場に見られる「相手の行動制限・効果阻止」。
3つ目はネクサスのスピード展開。

これらの特徴をサポートしつつ、6弾『爆神』で加わったのはスピリットの除去効果。

それまでは巨人王ランドルフのLv3の【粉砕】に伴う効果があるくらいでしたが、

爆砕巨人ダグラス(Lv2・Lv3) → 【粉砕】に伴うコスト3以下1体を破壊。
重槍のモーガン(Lv1・Lv2) → 召喚時に相手のコスト4のスピリットすべて破壊。
大巨人エウリュトス(Lv1・Lv2) → 召喚時にコスト3以下のスピリットすべて破壊。

と、一気に3体も除去スピリットが世に出回りました。

スピリットの除去といえば、赤の得意分野。
赤は「BP3000以下を破壊」や「同じBPを破壊」といった風にBPが条件になることが多々。
水龍王リヴァイアのような例外もありますが)

対して、青はコストを参照する路線に入ったのではないでしょうか。
4つ目の特徴と言えそうです。

間もなく発売の『轟天のヘヴンズドア』に収録される轟剣士レーヴェン
召喚時にコストを参照して相手スピリットを破壊する効果を持っています。
(ケロケロAのふろくに掲載されてます)

また優秀マジックであることが確定のストロングドローも青に加わりまして、
今後は「闘神コントロール」とか「獣頭コントロール」と呼ばれるデッキが
大会で活躍する機会も見られるのではないでしょうか。

各色混在。カードゲームの環境としては理想的な状態ですね。

以上、なにもなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック