コンテントヘッダー

バトスピMAX HCスタンダードクラス決勝

加速するシーソーゲーム。大舞台でこの闘いとは、両者只者ではない。


バトスピMAX HCスタンダードクラス決勝


トモヤ〔九州代表〕 vs リュウスケ〔関東代表〕

先攻トモヤは自身の2ターンを静観。
後攻リュウスケは《双翼乱舞》で手札を増やし、バーストを張り、
暴皇ティーズ・ドラゴン》を召喚しアタックはせずに返す。

動き出すは5ターン目。
餌が出て来たのでトモヤは《賢龍ケイローン》投下。
ティーズ・ドラゴンを焼いて、1ドロー。
焼かれたリュウスケのバーストも黙っちゃいない。
キングスコマンド》で3枚引いて、1枚捨てる。
捨てたるは緑のたぬき《タヌグリン》。
そのケイローンを餌にしたのはリュウスケの《賢龍ケイローン》。
このケイローンもバースト《グラウンドブレイク》の前に散る。

序盤の“焼きとドローの応酬”から抜け出したのは、
トモヤが《天空を貫くバリスタ》を設営した次のターンであった。
大将《金殻皇ローゼンベルグ》を出陣させる。
このタイミングでリュウスケはバースト《双翼乱舞》発動。
バーストがなくなったことから安心して
牡羊星鎧アリエスブレイヴ》、《六分儀剣のルリ・オーサ》を戦列へ。

攻撃開始。
羊背負いのローゼンベルグが3シンボルで襲い掛かる。
止めたるは《リカオスパーダ》。ルリ男を疲労させてブロック。
ライフを守る。

この辺りから、毎度黙っていろと躾けられている
ギャラリーのどよめきの堰は切られてしまう。

返しのリュウスケは大爆弾《ジェネラル・ドラゴン》を投下。
相手方大将《金殻皇ローゼンベルグ》を破壊。
バーストを張って待ちの態勢。

トモヤ、2体目の大将《金殻皇ローゼンベルグ》を出陣。
六分儀剣のルリ・オーサ》の2体目を並べてから
御降臨!《断罪の滅龍ジャッジメント・ドラゴニス》。

「おぉぉ」、判っていてもどよめく観衆。
守る側のコアの数からしてゲームエンドがちらついた。

当然、ジャッジメントからのアタック。追加ターンが確定。
しかし、そのゲーム中1回の追加ターンを
リュウスケは《リカオスパーダ》1枚で食い止める。

見事な防御術にどよめきは止まらず、
バトル実況のジャスティス立花さんも興奮を隠せない。

耐えたリュウスケの反撃。
牡羊星鎧アリエスブレイヴ
賢龍ケイローン
こちらも大将《金殻皇ローゼンベルグ》が出陣。
お返しとばかりに羊モコモコ金殻皇が3シンボルで襲い掛かる。
更に《ストームアタック》。

何もなければ、リュウスケの勝ちである。だが…
トモヤのフラッシュ《グラウンドブレイク》で剥がされる羊。
そして《絶甲氷盾》で攻撃は終了させられる。
前のターン(ジャッジメントの追加ターン)で攻め札がなかった訳だから、
当然潤沢な手札の中には守り札があって然るべき。

さぁ、バトルも佳境に入ってきた。
トモヤのターン。ブロッカーが居て、バーストを張ってあるリュウスケは守れるか。
トモヤは《双翼乱舞》を2連発。
ホムライタチ》、《六分儀剣のルリ・オーサ》、《ダンデラビット》を呼び、
鉄の覇王サイゴード・ゴレム》をも戦列へ。

そしてモニターでは久々に見る【大粉砕】!
リュウスケのデッキは10枚飛び、ケイローンが潰される。
破壊バースト発動で《風の覇王ドルクス・ウシワカ》が大物2体を疲労。
しかし、数押しを防げずにライフは0へ。


トモヤくん、バトスピ世界チョウテンオウおめでとう!

リュウスケくん、素晴らしいバトルをありがとう!


本当に良いバトルを魅させてもらいました。
長生きしていて良かったです。
「よかった探し」を辞めずに良かったです。
と、最後の数行でいろいろ台無しにしつつ今回の記事を終わります。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー

カミングす~ん

ニコ生で放送されていたようですが、活字でも。


バトスピMAX HCスタンダードクラス決勝戦


放送されていないところをカバーしていきますと、
トーナメントの1回戦目から激しい組み合わせが発生。

エントリーNo.1 キムラ ケント
vs
エントリーNo.2 クサカ ショウタ


EGOの非公認大会でも優秀な戦績を残しているケントくん。
ケントくんは今期でスタンダード卒業の北海道代表。
この北海道予選が非常に激しい闘いでして、
準決勝の相手はツチヤヨシトモくん。
〔2010北陸代表、2011北陸【牡牛座】準優勝、2011MAX【魚座】代表、
 2012東北準優勝、2013北陸代表、2014北海道ベスト4〕
決勝の相手はノムラソウタくん。
〔(多分)2013北海道HC代表、2014北海道HC準優勝〕
彼らに勝利しての代表突破。

ショウタくんは〔2013東海HC代表、2014東海HC代表〕の京都の雄。
私が把握してないだけで、他にも戦績はあるはず。
今年の名古屋のCSはモニター不調と声優さんのファン多数で、
状況が判らなかったのが残念。



エントリーNo.13 ケンマ ユースケ
vs
エントリーNo.14 タケウチ タイキ

両者共に今年のHCとGCでW代表を果たした超二刀流三傑の内の2人。
バトルを観たかったのですが、そういう仕組みになっていないのです。
サッカーのワールドカップならば、最終決勝戦しか観られない感じですかね。


エントリーNo.1~8には関東勢が集中し、
勝ち抜いて来たるはミズシマ リュウスケくん。
準決勝戦ではケントくんを下してのガラス台入り。

超二刀流対戦を制したのはケンマ ユースケくん。
そのケンマ ユースケくんを2回戦目で落としたのが
ドイ ヒロキくん〔2012大阪代表、2014大阪代表〕。
このドイくんを準決勝で破ったのが九州代表のツダ トモヤくん。
〔2011九州代表、2014九州代表〕

「まるで代表のバーゲンセールだな」と、言いたくなります。

ちょっと脱線しますと、
トモヤ
ヒロキ
ユースケ
この名前はスタンダードだけでなく、マスタークラスにも強者がいます。
偶然かな?

ツダ トモヤくんは私のデータベースが間違ってなければ、
御父様も強プレーヤー。〔2012九州ベスト8〕

試合に入る前に紹介が盛っちゃったので、バトルは次の記事で。

以上、何もなければ、ライフでウケます。

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー

バトスピMAX HCマスタークラス決勝

ちょっとした情報を加えつつ、バトスピ世界一の闘いをここに。


バトスピMAX HCマスタークラス決勝


「世界一の決勝舞台まで上がるには何連勝しているのか?」
という話題がステージ上にあがっていた。

各地のCSで8勝卓での1勝、
各地の決勝トーナメントでの3連勝、
この日の全国トーナメントでの3連勝。

「最低7連勝」という結論がステージ上で出されていましたが、
各地のCSでのLv3エリアでの8勝卓へ進むための1勝を含めると、
「最低8連勝」が正解。

そして、次の1勝を目指すプレーヤー2名の紹介から。

1人目は村山海月くん。
いわゆる現時点での新潟最強プレーヤー、くらげくんである。
2013北陸GC代表。
2014東北HC代表。
連続代表の強者。
今年の東北では「サジット環境」を逆手に取った白紫デッキで優勝。

MAXでの全国決勝トーナメントでの対戦軌跡は
1戦目 vs 平井淳也くん(GC代表、HC代表を果たした超二刀流三傑の一人)
2戦目 vs 渡邉大生さん(東海代表)
3戦目 vs 元祖たらこくん(街道一のデッキ破壊王)

彼らを打ち破っての決勝進出。


2人目はナカネさん。
千葉北西方面のプレーヤー。関東代表。
CS関東HC決勝戦での対戦相手は巨匠アハト氏。

MAXでの全国決勝トーナメントでの対戦軌跡は
1戦目 vs XYOさん(北海道代表。つまり、塩さんを塩漬けにした人)
2戦目 vs ホ ガウロさん(香港代表。怖ろしいほどに何の情報もなし)
3戦目 vs ズゴックン(2010MAX、2012関東、2014四国の代表)

どこを通れど茨の道なり。

(ここより敬称略)

ナカネ vs くらげ

リバイヴドロー》で2ドローするナカネからゲームスタート。
アルティメットトリガーで落とされたキーカードの回収もできる良札。

くらげ、《スカル・ガルダ》の召喚で1ドロー。
東北代表になった時に引き続き白紫のチョイスか。白紫機獣か。
バーストを貼ってエンド。

ナカネは《彷徨う天空寺院》を配置。


彷徨う天空寺院
ネクサス  コスト5(軽減:赤赤赤)
<0> Lv1
Lv1『自分のメインステップ』
自分がコスト8以上のスピリットカードを召喚するとき、
このネクサスを疲労させることで、自分のリザーブから
2コストまでを支払ったものとして扱う。
この効果はターンに1回しか使えない。
シンボル:赤赤

フレーバーテキスト:
恥ずかしながら、わたしを慕ってくれるものたちが、
創造主を祀るとして最近建てた寺院。
胸にじーんとくる話である。
―放浪者ロロ『異界見聞録』名所千選532―


このネクサスが出てしまったら、もう緑赤系であろう。
ネクサス自身がダブルシンボルで、2コスト支払い能力がある。
大物がお手軽に召喚可能となる寺院。

だが、次のターン、無情にも寺院は手札に戻ってきた。
ネガ・テュポーン》の召喚によって。
そのネガ・テュポーンはスカル・ガルダを背負って殴ってくる。
ナカネのライフは3へ。

さて、ナカネの使えるコアは8。
8コストレベルを呼ぶには維持コアが足りない。
ホムライタチ》を呼んでから、
焼くものがないけれど(つまりドローもなし)《賢龍ケイローン》と繰り出す。
【連鎖】により1コア増える。
さて、準備は整った。何の準備かと問われれば「ぶん廻り」の準備である。
手札にある《彷徨う天空寺院》を次のターンに張れば、
大物(とりわけ《金殻皇ローゼンベルグ》)がスルっと登場できる。
増えたコアでドローも出来よう、アタックでもドローが出来よう。
その勢いを止めるのは容易ではない。
断罪の滅龍ジャッジメント・ドラゴニス》でも出ようものなら、
ゲームエンド級である。

考えた挙句、くらげはそれをさせない行動に出る。
じーんとくる話はなかった。
ジャコウ・キャット》の召喚効果でイタチを手札に戻す。
メイン中に《ドリームネビュラ》でケイローンも手札に戻す。
バーストもない更地のナカネフィールドにフルアタック開始。
ジャコウ・キャットLv2でアタック。これはライフに通り残りは2。
ガルダ付きネガ・テュポーンもアタック。
これが通らなくても、張ったバーストと白紫ベース特有の増えた手札で
競り勝つ自信の為せるアタックと思われる。
ナカネに有効な対抗策なく、このアタックは通る。ライフは0へ。


村山海月くん、バトスピ世界チョウテンオウおめでとう!


以上、何もなければ、ライフでウケます。

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー

たかがデッキ、されどデッキ

この4つのデッキを見て、あなたはどのデッキを支持するだろうか?

デッキ その1

デッキ その2

デッキ その3

デッキ その4


これらは台湾のスタンダードクラスのトップ4。
上から1位、2位、3位、4位という並び。

多くは語るまい。向こうには向こうの環境があるのだ。

以上、何もなければ、ライフでウケます。

テーマ : バトルスピリッツ
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
コンテントヘッダー

香港と台湾のCS2014

公式日本語ページにイベントレポートがないのですが、
香港と台湾でもチャンピオンシップがあったとさ。

香港レポは↓こちら
CS香港2014

「一年一度的盛事」という。
(1年に何か所も廻るなってことですね(笑))

開催場所は「油塘大本型商場 中庭」。
大型ショッピングモールの中庭である。
懐かしや、コアリーグ。

我らがボンバーも出張していて、クイズ大会をやって来られたようです。

香港チャンプのデッキリストは発見できず。


台湾レポは↓こちら
CS台湾2014

こちらのクイズはかわいこちゃんが担当。
私の中では彼女こそ台湾代表である。

台湾の代表デッキは公表されてますね。

台湾代表デッキ(マスタークラス)

台湾代表デッキ(スタンダードクラス)

《妖狐キュービック》3積みは何かの間違いだと思うのですが、
これだけは私の理解を超えるチョイスである。
(例えば、カードナンバー「BS05-004」の入力ミスとか。)

しかし、マスタークラス2位のデッキにも《妖狐キュービック》が3積み!?

日本と異なる効果なのだろうか?謎です。
MAXでトラブルにならなければ、良いが…

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック