コンテントヘッダー

ボンバーぶらりステージ③

ボンバーぶらりステージ③

ファイナルステージは「ボンバー vs サイ・ジャック」。
このMAXの前日、サイ・ジャックは
『最強Vジャンプフェスタ(東京)』があった訳でしての連投。
そして次の土曜も『最強Vジャンプフェスタ(大阪)』。
この日はバトスピ1件のために、ありがたいことです。

対戦そのものはボンバーのフィールド展開が遅々としている間に、
サイ・ジャックが《最強神機ホワイト・オーディーン》や
《最強天使イエロー・ミカファール》を繰り出してビートダウン。
あっさりと勝負が着いてしまいました。
バトル中、月刊誌『最強ジャンプ』の宣伝を両者忘れない(笑)

対戦後、寸劇が始まった。
ボンバー
 「このデッキを君にやるよ」
サイ・ジャック
 「そのデッキを貰う訳にはいかない。
  なぜならボンバーの心を受け取ったからさ」
みたいな会話があってヒシと抱き合う両者。
おやおや…BLスタートか?(※ Bomber Love)
抱擁の最中、
ボンバー
 「体温が熱い」
サイ・ジャック
 「肩(の爆弾オブジェ)が痛い」
…終劇。
そして、鳴り止まぬ観客の拍手。
後ろの関係者タグの方々は大爆笑。

各ステージ毎の締めに「ボンバーじゃんけん」がありまして、
このファイナルではサイ・ジャックが得意の顔芸を駆使しての
顔ジャンケンのサービス。
全力投球ありがとうございました。

これにて特設ステージでのボンバーぶらりステージは全行程を終了。
メインステージにボンバーが現れたのは、
覇王決定戦も表彰も終わってからのフィナーレであった。
ボンバーが登場するなり、ギャラクシーとジャスティスからの
「お前、いたのか!?」扱いの空気の中、
(オープニングに居なかったし、ボンバー)
ボンバー「バトルには1秒も関わらなかったゼ!」と元気な御様子。
彼が特設ステージでの覇王であったことを、
多くのギャラリーもカリスマ達もこの時は知らないのであった。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ボンバーぶらりステージ②

MAXのことを書き続けているのは、私のところだけかもしれない。


セカンドステージは「ボンバー体操」から始まった。

本当に本当に、
ガンスリに参加するでもなく、
メインステージを観るでもなく、
サイン会に行くでもなく、
物販に並ぶでもなく、
ボンバーを応援に来ている人達がいました。
この域に達するには私には邪念がまだまだ多すぎます。

特設ステージ前には真のボンバー勢と違いの分かるチビッ子達が。
その周囲を「関係者」のタグを首から下げた方々が続々集結。
CSのどのイベントよりも多く見受けられます。瞬間集合率No.1。
どうやらボンバーが心配で駆け付けた親ボンバー勢のようです。
愛されていますね。

体操ですが、ややヌルめの歌にやや複雑な振付けをボンバーが披露。
客席、ポカーン。
司会のお姉さんも仕事でなかったら凍りついていたことだろう。

ボンバー「さぁ、皆さんも御一緒に!」
とギャラリーも体操をするのですが、
後半は足腰を使った動きのため座ったままでは魅力が半減。
それでも座位で腕だけを動かしている我ら、
端からは何かのリハビリに見えたに違いない。

セカンドステージは変な空気で滑り出した。

続いて「ボンバークイズ」。
気を取り直してのクイズ大会。
ハジメ役の平田真菜さんが応援に駆け付けてくれました。
モニターに3択か4択のクイズが出題されまして、
挙手したギャラリーから選ばれた人がステージで回答するシステム。
バトスピファンなら誰でも答えられるクイズにチビッ子夢中。
挙手して当てられたら恥ずかしいなと思いながら、
必ずチビッ子が指名されるシステムなので安心して挙手。
クイズの答えが判らなくても挙手して盛り上げに加勢。
クイズに正解すると、18弾覇王大決戦1パックと
もぎたてボンバー1冊がプレゼント!
これは羨ましい。
(略して)模擬本をチビッ子が受け取る姿はシュールを極める。
(「もぎたてボンバー」についても後日詳細に記述します)

セカンドステージのトリは歌謡ショー。
マイクとイスがセッティングされて、客席からはボンバーコール。
アコースティックギター片手にボンバーが登場。
凄いなこのカリスマは。
最近、「バトスピやろうぜX」でボンバーのロボ芸を見たけれど、
どれだけ引き出しがあることやら…
一曲入魂の『恋のガンスリンガー』を弾き語り。

感動しました。
カードゲームのイベントでアコースティックライブ。
もとい「歌謡ショー」。
贅沢で至福な時間。

ボンバー勢もチビッ子もライフでウケたことと思います。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ボンバー勢の真価が問われるBS

バトスピMAX ボンバーぶらりステージ ~ボンバースペシャルショー~編

「BS」というのはバトルスピリッツの略ではなくて、
ボンバースペシャルショーの略だったのだと今気付きました。
4年間ちっとも気付かなかったことを恥ず。

動画配信の『恋のガンスリンガー』はフルアカペラだったので、
弾き語りは楽しみですね。
シンガーソングライター「ボンバー」のファーストライブは
見逃せません。(略して《ミノガメン》)


対戦カードも複数組まれていまして、『vs サイ・ジャック』が特に気になります。
サイ・ジャックありがとう!バトスピやってくれて。
今日は今日で「最強Vジャンプフェスタ2012」でお忙しいというのに、
ありがたいことです。

ガンスリに浸る時間が限られてしまいましたわ。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

歌謡ショー!?

バトスピファンが揃って唱えているセリフに

「MAX2012では身体がいくつあっても足りない」というのがあります。

ボンバーぶらり旅 ~5周年イヤーボンバー歌謡ショー計画編~

メインイベントである「歌謡ショー」の併設イベントであるMAXですが、
☆もぎたてボンバーの配布(リリアとミクス以上に稀少価値の高い写真集)
☆全国決勝の観戦
☆限定物販
☆サイン会
☆ステージイベント
☆ガンスリ
etc…

《ボンバープレイシート》が稀少であったことを考えると、
《もぎたてボンバー》の入手は熾烈極めますな。

「5周年イヤーマント」へのメッセージというのは逆サインという
バトスピイベントとしては新しい風習ですね。

バトスピ5周年目への祝辞・応援を中心に、個人的な願い事(七夕的な)、
ボンバー氏への告白、イラストとかドシドシ描かれることでしょう。

約3万人がマントへ逆サインをするので、1人あたり1cm四方のスペース。
何も書けませんね。拇印を押すくらいしかできません。

縁起物ということで既に全国決勝参加が確定している各地のチョウテンオウが
「日本一」と書くこともお勧めしたいです。

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

友情撮影

ぶらり旅の話題でも。

ボンバーぶらり旅 恋のガンスリンガー編

今回のぶらり旅のラストに「撮影/長谷部英明(友情撮影)」とありまして、
いよいよボンバー氏も大御所のファインダーに捉えられたかと感涙。

我々バトスピ勢にとって「長谷部」といったらボールを蹴るナイスなキャプテン以上に
脳内検索ランキングで上位に来て頂きたい長谷部英明様でございます。


また『恋のガンスリンガー』、素敵な唄です。

こちらで御視聴を↓(14分30秒あたりから薄っすら流れ始めます)

スペシャル動画 「暗黒戦士ボンバーが【聖命】ビートデッキを倒した

アカペラスタートでビビりました。

アカペラスタートにビビったのは20年前の
ホイットニー・ヒューストン『I Will Always Love You』の初見以来です。

そしてアカペラで完走。

『君は軽減シンボル』に続くボンバー歌謡の2曲目の発表で3曲目に期待が掛かります。

3曲あれば「8センチCD」のリリースが視野に。
インストを3曲入れればミニアルバムにもなりますね。

投票券とか握手券とか入れたら物凄く売れちゃうかもしれません。

たくさん売れてもCDのトラッシュ行きだけは御勘弁で(笑)

汎用性のある(どのデッキにも入りそうな)強力なカードが付いたら、
バトスピファンが1人あたり3枚以上買いますな。
(それこそ本当に御勘弁を)

と、時事ネタを挟みながら、

以上、何もなければ、ライフでウケます。
このページのトップへ
このページのトップへ
最新記事
最新コメント
プロフィール

コヨシ

Author:コヨシ
カードゲーム文化の繁栄を
願ってキーを叩いています。

初めてのレアカードは
《大鎌フール・ジョーカー》。
初めてのXレアは
《要塞皇オーディン》。

最近気になるトピックは
「城」と「城攻め」。

リンク
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック